おんぶ単語

オンブ

おんぶとは、人を背負う、および頼ること。

概要

おんぶする対といえば赤ちゃんを思い浮かべるが、この赤ん坊を背負う習慣は欧にはない。
背負い方は地域および部族によって異なり、母親のしりに乗せたり、額から背に背負子をつるし赤ん坊を後向きにくくりつけるなどさまざまである。
日本では、すでに縄文中期の土器に子どもを背負ったものが発見されている。

赤ちゃんのおんぶには「顔が見えなくて不安」「眠ってしまうと頭がグラグラして危ない」と敬遠されがちだが、赤ちゃんをあやしながら事ができるというメリットのほか、知育効果も期待できるという研究結果が発表され近年注が高まっている。

赤ちゃんをおんぶすることで、赤ちゃんの視界が広がり好奇心の増進につながったり、赤ちゃん自ら視野を広げようと背中にしがみつき立つ上がる姿勢をとることで、体幹や運動神経の発達にもつながると考えられる。

なお、背中に人を担ぐ意味のほかには、他人の援助(特に銭面で)を受けるといった意味で用いられる。

関連動画

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%8A%E3%82%93%E3%81%B6

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

おんぶ

1 ななしのよっしん
2018/05/12(土) 16:00:57 ID: hVyTTucF+t
おんぶして?…おんぶおんぶして、ねっ!

急上昇ワード