肩車単語

カタグルマ

肩車とは、一人の首と肩の上にもう一人がまたがることである。

曖昧さ回避
  • 柔道の技の一つ。こちらの肩車から生したと思われる。

概要

大人子供に対して行うことが最も多い。高いところからの風景を見せて楽しませるために行うことが多い。カップルの場合、男性女性を上に乗せることが多い。

ちなみに、イラストで逆向きに(おんぶのように)肩車をした場合のことを「逆肩車」と呼ぶことがある。こちらも男性女性を上に乗せることが多く、男性側が羨ましい状態になっている。しかし、現実では前が見えない、男性が呼吸困難になる、男性の首が折れる…などが発生して危険なのでやめたほうがよい。詳しくは記事「逆肩車」を参照。

また、通常の肩車でもバランスが崩れたらケガや下半身不随、最悪死亡ケースもあるので肩車を行う際は慎重になった方がよい。

また、組体操の技の一つとしても行われる。二人で行う技であり、ピラミッド等と較すると危険性は低いが、当然上述したケガ等のリスクもある。

語源(なぜ「車」?)

ははっきりしないが、「手車」という言葉が由来とする説がよく唱えられている。ここでいう「手車」とはヨーヨーのことではなく、騎戦のような遊びである。実際、肩車のことをかつて「テングルマ」と読んでいた地域は多く、国立国語研究所exitでも

TENGURUMA手車の転じたものと考えられ,手車とは2人あるいは数人の者が手を組み合わせその上に人をのせる遊びをいったらしい。狂言にその意味での手車の用例がみえ,現在でも,その意味でテングルマのを用いる地域は各地にあるようである。

(上記リンクpdfファイルのp.106

と述べている。

一方で、「カタウマ」という方言もあり、こちらは京都大阪を「中央」としたときの日本の周辺部で多い。このことから、国立国語研究所は同解説記事で

中央にKATAUMAが用いられていた時期にTENGURUMAが発生し,両者の混交によりKATAGURUMAが生まれたのであろうか。

(同上、p.105

とも述べている。つまり、カタウマが中央で発生し地方に伝わった後、テングルマが中央で使われるようになった。その過程で両者が混ざってしまい、

「かたうま(肩?)」
+「てんぐるま(手車)」
→「かたぐるま(肩車)」

になってしまったのではないかという説明である。肩車は東京埼玉周辺で使われており、これが標準として広まっていったのだろう。

これ以外にも肩車を方言は多く、例えば福井県若狭地方では

などがある[1]。全の肩車の方言の分布については国立国語研究所の日本地図149exit150exitが詳しい。

関連動画

関連静画


関連項目

脚注

  1. *加藤和夫「福井県若狭地方における「肩車」の俚言分布」(東京都立大学人文学報, p.75-102, 1983)exit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%82%A9%E8%BB%8A

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

肩車

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 肩車についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!