ディオンヌ・ワーウィック単語

ディオンヌワーウィック
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ディオンヌ・ワーウィックとは、アメリカ黒人女性歌手である。

概要

1940年生まれ。幼少時代にニュージャージーイーストオレンジ教会で歌い、10代でのディー・ディー・ワーウィックと共にゴスペルグループ「The Gospelaires」を結成。ハートフォード音楽大学では音楽教育ピアノを学んだ。在学中に通っていたニューヨークスタジオバックコーラスなどのセッションを重ねるうちに、カーペンターズの曲などで有名な作曲バート・バカラックと出会い、卒業後の1963年プロとして本格的な活動を始める。1964年バカラック作曲ハルデイヴィッド作詞の「ウォーク・オンバイ」がヒットし、グラミー賞にもノミネートされた。

その後もバカラック=デイヴィッド作の「サン・ホセへの」や「よさようなら」などの曲をヒットさせ、スターへのを歩む。70年代に入って低迷期を迎えるが、79年に「コパカパーナ」で有名な人気歌手バリー・マニロウのプロデュースによる「の別れ」をヒットさせ、グラミー賞を受賞した。
80年代に入ってもビー・ジーズのギブ兄弟作の「ハートブレイカー」やバカラック作曲の「ハーモニー」をヒットさせる。有名な作曲ミュージシャンが曲を提供するのは、歌手としての実が認められている明でもある。

彼女は故ホイットニー・ヒューストン従姉妹でもあり、「ハーモニー」をステージで一緒に歌ったこともある。ふたりの名シンガーの歌唱は、同じ血を引いていることを納得させるものがあった。近年ホイットニーが急死したり、あろうことか自己破産したりと、晩年はあまりいい話を聞かないが、グラミー賞を5回も受賞した彼女伝説歌手のひとりであることは間違いないだろう。

関連動画

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%8C%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ディオンヌ・ワーウィック

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ディオンヌ・ワーウィックについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!