巿単語

フツ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

巿とは、膝掛けという意味の漢字である。とよく似ているが別の字。また篆書体は𣎵によく似ている。

漢字として

巿
Unicode
U+5DFF
部首
巾部
画数
4画
𡴄
Unicode
U+21D04
部首
屮部
画数
6画
意味
古代中国で儀礼に用いたひざかけ、𣎵と通じて木が茂る、という意味がある。巿には縫い取り()がされ、礼装として重要であった。
説文解字・巻七〕には「なり。上古、衣、前を蔽ふるのみ。巿、以って之れをる。天子は朱巿、諸矦は巿、大夫は葱衡なり」とある。
字形
ひざかけと帯の形。〔説文〕には「巾にひ、連の形にる」とある。文では巿を授けるというような文がよく見られる。
音訓
読みは、フツ(音)、訓読みは、ひざかけ。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。2010年常用漢字表に加わった。
部首
巿は〔説文〕で部首である。ほかに𢂷が属する。
巿を符とする漢字には芾などがある。

異体字

  • 韍は、〔説文〕に「篆文の巿、ふ」とある篆文。経籍では韍の方が使われる。
  • 𡴄は、〔集韻〕にある異体字。
  • 経〕では芾を用いる。

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%B7%BF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

巿

1 ななしのよっしん
2019/08/25(日) 00:48:42 ID: JmPDtL54G4
 

急上昇ワード

2019/12/12(木)09時更新