今注目のニュース
滝沢カレン、自身出演の情熱大陸「何十回見た」
本田翼がゴチの裏話「最近収録の前日が憂鬱」
「宅ふぁいる便」の提供が終了。結局、個人情報流出はどう防ぐべきか?

エドワード・エルガー単語

エドワードエルガー

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エドワード・エルガー1857~1934)とは、19世紀から20世紀初頭にかけて活躍したイギリス作曲である。

概要

イングランドのウースターシャー州に生まれる。専門教育はほとんど地元のオルガニストやヴァイリニストからのものであり、1872年には学校を去った。

しかし若いころから音楽教育に従事、生徒のひとりであったキャロラインアリスロバーツと結婚する。彼女はエルガーに作曲に専念するように励まし、1890年代ごろから合唱曲を委託されるようになった。そしてついに1899年の創作題による変奏曲「エニグマ」で作曲としての地位を固め、パーセル以来200年ぶりとも形容されるイギリスを代表する作曲になったのだ。

このほかにも「ゲロンティアスの夢」、2曲の交響曲や、ヴァイオリン協奏曲、チェロ協奏曲などで知られるが、やはり威風堂々第1番が日本では最も有名であろう。しかし1920年に妻を失ってからは作曲活動はまばらになり、晩年はイギリス王室楽長に任命されるなど演奏活動がもっぱらとなった。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/04/05(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/05(日) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP