今注目のニュース
見なくなった「2000円札」に店員が“偽札”疑い? 沖縄では10年で流通数倍増
プロ野球選手引退後の職業は…意外にも「会社員希望」が最多
自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実

仏罰単語

ブツバツ

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

仏罰とは真理に背いた修行者に対して、“自然に起きる”お仕置きである。

概要

仏罰の読み方はWikipediaによると「ぶつばち」であるが、創価学会プロパガンダビデオでは「ぶつばつ」と言われている。どうやら、どちらの読み方でも良いらしい。

仏罰は罰と対されるためか、そのものから下される罰と世間一般では認識されている。しかし本来はが下すのではなく、教えに背いたがゆえに自然発生する(とされる)罰である。つまりの教えに背いたら、どこからともなく罰が下されるのである。しかし、その一方で「一切衆生はが子」と言うほど広大な許容の心を持つ(如来)が罰を下すはずがないと考えている者もいるため宗門によっては仏罰の概念がい。
現代でも仏罰という言葉は「この宗教に入らなければ仏罰が下る」「信心しなかったから仏罰が下った」といった具合に使用され、カルト教団への入信を迫ったり脱退しようとする信者に対しての脅し文句となっている。そうかそうか。また、敵対者が悲惨なに遭った時も仏罰という言葉が使われる。
例:「嫉妬の謀略は、かえって日顕への厳しき仏罰として下って行った。」

公明党から出した議員が全員落選したのも、尼僧が魔界に封印されたのも仏罰である。
(ただ、創価学会では非学会員が災難に遭った場合を仏罰、逆に学会員が災難に遭った場合はと区別している)

関連動画

関連項目

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2017/08/16(水) 20:16:19 ID: j1i4bDpQW0

    様は悟ってるから怒らないし罰なんか当てないよ。
    ただし神様は祟る。

  • 10ななしのよっしん

    2017/11/04(土) 13:03:43 ID: rEdyUrx6e/

    仏罰の意味は「宗によって違う」。これがFA

  • 11ななしのよっしん

    2019/07/14(日) 13:40:24 ID: D7K0qisnbF

    >>im7816362

    仏罰
    (という名のマスコットキャラクター)

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP