日本国憲法第19条単語

ニホンコクケンポウダイジュウキュウジョウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日本国憲法第19条とは、日本国憲法第3章(民の権利・義務)に存在する条文である。

概要

思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

自然権のうち、精自由権に関する総則規定と見做されているのが第19条である。

思想・良心の自由が保護されることは、表現の自由を確実にし、民主主義民主制が有効に作用する最低限の条件であると考えられており、また内心の自由であって他の人権との衝突が少ないと見做されることから、政策的な制約は極めて限定されたものとしなければならないと解釈されている。

思想・良心の自由大日本帝国憲法には規定されておらず、ポツダム宣言第10条の

民主主義的傾向の復活を強化し、これを妨げるあらゆる障は排除されるべきこと。言論、宗教及び思想の自由並びに基本的人権の尊重は確立されること。

という方針に基づいて、日本国憲法に取り入れられたものである。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/19(土) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/19(土) 05:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP