日本国憲法第20条単語

ニホンコクケンポウダイニジュウジョウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

日本国憲法第20条とは、日本国憲法第3章(民の権利・義務)に存在する条文である。

概要

信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、から特権を受け、 又は政治上の権を行使してはならない。
2. 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
3. 及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

信教の自由と、政教分離原則を示したのが第20条である。政教分離については、この第20条に加えて第89条においても、

その他の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又はの支配に属しない慈善、教育若しくは博の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

と規定されており、税金など民の財産政教分離原則に反した利用がされないよう、抑止をかけている。

政教分離については、判例は絶対的な分離ではなく、「宗教的文化財への的補助」、 「宗教系私学への的補助」、「教誨活動」などを許容した、個別事例毎の判断を下す、相対的分離であるとしている。

なお大日本帝国憲法明治憲法)においては、信教の自由は第28条で定められており、

日本臣民ハ安寧秩序ヲ妨ケス及臣民タルノ義務ニ背カサル限ニテ信教ノ自由ヲ有ス

と、「安寧秩序を妨げず、臣民の義務に背かない限り」という条件がつけられていた。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/23(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/23(水) 03:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP