看板役者 単語

カンバンヤクシャ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

看板役者とは、歌舞伎の芝居小屋にかけられる八枚の看板の一つ=大役を任せられる役者をいう意味合いがある。

概要

元々芝居場に飾られる歌舞伎看板八枚の位置には意味があり、それぞれ

  1. 書出し:役及び話題の若手。 大看板に一人だけ書き出される事から、一枚看板という言い方が一般的。
  2. 色男 :美形&色事要素担当
  3. 道化 :お笑い担当
  4. 中軸 :中堅役者~名バイプレイヤー
  5. 敵役 :一般的な敵役
  6. 実敵 :善人要素を持つ敵役
  7. 実悪 :巨悪 黒幕
  8. 座頭 :座長 元締め

となる。

まさに一座の顔ともいうべき大役であり、そうした大役を任せられる役者というのが、看板役者という事である。

歌舞伎の看板からの派生用語

これらの芝居小屋の看板のうち、色男の看板の位置から転じて「色男」をす言葉が、「二枚目」である。
奇しくも三枚道化であることから、いまいち締まらない色男を「2.5枚」と呼ぶ用法もあり、一般的なところでは、

二枚目(色男) 三枚道化) 2.5枚イマイチな色男)

といった言葉が使われている。

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/25(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/25(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP