今注目のニュース
アンガ山根、筋トレの成果出る? 「ジャイアント馬場みたい」とファン驚愕
「真・女神転生III」リマスターで「魔人ダンテ」復活! 悪魔も泣き出すアイツが「貫通」付きで帰ってくる
はじめしゃちょー、命の危機を感じた瞬間に心配の声 「無理しないでね…」

単語

  • 2
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

(軀)とは、からだを表す漢字である。

漢字として

Unicode
U+8EC0
JIS X 0213
1-92-42
部首
身部
画数
18画
Unicode
U+8EAF
JIS X 0213
1-22-77
部首
身部
画数
11画
𩪍
Unicode
U+29A8D
部首
画数
21
𨊘
Unicode
U+28298
部首
身部
画数
22
意味
躯は略字体。正字は軀。体、身体という意味である。〔説文解字〕に「なり」とある。
字形
符は(区)。に部分という意味がある。
音訓
音読みはク、訓読みは、からだ、み、むくろ
規格・区分
常用漢字ではない。軀はJIS X 0213第三準。躯は第一準。
軀体・軀命

JIS規格について

躯・軀は、JIS規格で例示字体の入れ替えや包摂基準の変更が行われていて、ややこしい。

  • JIS C 6226-1978で、区点22-77に躯が採用される。例示字体はに従うもの(軀)。
  • JIS X 0208-1983で、区点22-77の例示字体が区に従うものに変更される(躯)。に従う字は躯に包摂されることになった。なお区・や欧・などは包摂関係になっていない。
  • JIS X 0213で、区点1-22-77に躯が、区点1-92-42に軀が登録され、躯・軀は包摂されないことになった。

異体字

  • 𩪍は、〔集韻〕が異体字とする字。
  • 𨊘は、〔篇〕に軀と同じ音であるとあり、〔康煕字典〕が訛字ではないか、としている字。
この記事を編集する

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2010/10/01(金) 13:07:12 ID: s1xH1K6cP0

    地味だけど良い記事。

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/13(木) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/13(木) 07:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP