単語記事: 桃井直常

編集

桃井直常(?~?)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。

概要

井氏は足利義兼の庶子・井義助に始まる庶流である。井荘を本貫地とした独立した御人であるが、その後の歴史の流れから実は新田氏の系統じゃね?ともいわれている。

井氏は足利氏ではあるものの、討幕の際は対鎌倉戦に足利義詮らと参戦しており、新田義貞とともに戦功をあげた。その後1335年に足利尊氏後醍醐天皇に反旗を翻すとそれに従い、北畠顕家足利尊氏九州に敗走させた後は、これに付き従わず、下野常陸周辺で帰路についた顕と戦っている。

その後も関東戦線で活躍し、1338年に青野原の戦いで再度北畠顕家と衝突。桃井直常軍は敗走したものの顕に大打撃を与え、高師直とともに般若坂の戦いで顕を敗走させることに成功した。この勲功で若狭の守護となる。

その後も尊氏に従い戦功をあげ1340年には賀、1344年には越中の守護に補任された。

しかし、1350年に観応の擾乱が起きると積極的に足利直義につき、同として活動したのである。一度高師直クーデターで政権から直義が排除されると、1351年の直義の再起の際には越中加賀能登の軍勢を率い、佐々木道誉らを打ち破り、尊氏を降伏させたのちは引付方頭人となり幕政の中枢を担ったのである。

しかし尊氏が復権をすと、桃井直常は直義とともに京都を脱出して越前を経由して鎌倉に逃走。ところが再起かなわず直義は敗死してしまう。そこで彼は他の直義とともに南に帰順。1354年には山名時氏大内弘世とともに共闘してを制圧。しかし反撃にあって信濃越中方面へ逃れていった。

その後直義に同情的だった足利基氏の護によって1367年、幕府に帰順する。ところが翌年足利義詮が亡くなると再起し再び幕府に反旗を翻したのである。しかし越中守護斯波義将能登守護吉見氏頼らに敗れて飛騨に撤退し、以後消息を絶った。

しかし同じような存在だった石氏と違い、井直信の系統が室町幕府の奉公衆番頭として続いていったようだ。また孫の井直詮は幸若舞の祖ともいわれている。

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%A1%83%E4%BA%95%E7%9B%B4%E5%B8%B8
ページ番号: 5495725 リビジョン番号: 2514447
読み:モモノイタダツネ
初版作成日: 17/07/28 01:18 ◆ 最終更新日: 17/08/13 01:02
編集内容についての説明/コメント: 誤字修正
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

桃井直常について語るスレ


まだ掲示板に書き込みがありません… 以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 桃井直常についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829