ニコニコ大百科

食物連鎖

食物連鎖とは、「食う、食われる」という捕食関係に着して、生物種の間における関係を表す概念である。

概要

々の住む「生物環境」に住むものは以下の3つに分類される。

  1. 生産者(独立栄養生物):エネルギーを利用し、機物から炭水化物などを作り出すもの。植物など
  2. 消費者(従属栄養生物):生産者により作られた有機物を栄養とするもの。動物など
  3. 分解者(従属栄養生物):生産者や消費者の死骸や排物を機物に分解するもの。に細菌など

「消費者」は生産者の有機物をそのまま取り入れる第一次消費者、それを食べる第二次消費者、
生産者も前述の二者さえも栄養にしてしまう第三次、第四次・・・という高次消費者の3つが居る。

例えて言うならニンジンを食べるウサギは第一次消費者、ウサギを食べるオオカミは第二次消費者、
何でもかんでも食べてしまう人間は高次消費者である。

このような食う、食われるの関係によってエネルギーが「高次」な生物へと移行していく関係を、
ひと繋がりの「鎖」に例えて「食物連鎖」と呼ぶのである。一般的には高次の消費者ほどその個体数は少ない。

実際には生物間での捕食関係は複雑にからみ合っており、網に例えてこれを「食物網」と表現することもある。

生物濃縮

この関係によって引き起こされるのが「生物濃縮」である。これは数の多い「低次」の生物が体内に持っていた物質が
数の少ない「高次」の生物へと捕食によって移行していくことで、その濃度が高まっていってしまう現す。
逆に生体内で代謝分解を受けて濃度が下がることを「生物希釈」と呼ぶ。

々人間は高次消費者であるがゆえ、この現により身体に有な物質を多く取り込む危険にされている。
実際にカドミウムは土壌からを通じて、水銀を通じて々の口から常に摂取されている。

もちろんこれらの物質に関しては基準値が設けられ、検クリアした食品が市場に出回っている。

関連動画

関連商品

関連項目

Sponsored

この記事について

ツイート
「食物連鎖」で検索