まにまに単語

マニマニ
曖昧さ回避 この記事は曖昧さ回避です

まにまに(随に[1]、間に間に[2])とは、

  1. 成り行きに任せるさま。ままに。「波の―」
    名詞「まにま」に格助詞「に」が付いてできた連
  2. 「…とともに、…につれて」の意。「漕ぎゆくまにまにほとりにとまれる人も遠くなりぬ。」(土佐日記
  3. 柏原麻実による漫画作品『宙のまにまに』の略称

脚注

  1. *デジタル大辞」による
  2. *『三国語辞典 第五版』による

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%81%BE%E3%81%AB%E3%81%BE%E3%81%AB

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

まにまに

1 ななしのよっしん
2014/07/03(木) 22:00:44 ID: Dc4TXiux8A
まにまにといえば百人一首の「このたびは ぬさもとりあへず 手向山 もみぢのにしき まにまに」。
まにまにという言葉が受けたのかやけに人気があった気がする。
2 ななしのよっしん
2014/07/03(木) 22:09:48 ID: 296DTLGXog
>>1
も記事名みてっ先にこれを思い出した
まにまに」はやっぱり何処でも人気があるのか