何切る単語

ナニキル
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

何切る(なにきる)とは、競技麻雀において、13枚の手ツモ1枚を加えた14枚の中からどのを選択して打をするか問う問題である。麻雀プロスキルアップへの近と評するプロや関係者も多い。

概要

何切る問題を始めたのは『近代麻雀』誌といわれており、元々は付録コーナーとして始められたものであるらしいが、後に「面い」「腕が上がった」「勝てるようになった」と読者の反が高くなり、何切るだけの書籍が出版されるまでになり、一つのジャンルとして成熟した。

なお、そのパイオニア、第一人者といわれているのが片山まさゆきの友人である馬場裕一(ばばひろかず)プロフリーランス)兼麻雀ライターであり、氏はこの何切る問題を生涯何千作も作っている。また、東大流という通り名で知られたデジタル士の元祖、井出洋介も何切る問題を数多く作っており、その体系化も行った。

そして何切る問題に対して馬場裕一らは、”待ち”は定跡のようにパターンを反復学習で覚えることが大事(つまり、短手数詰将棋や詰のようなもの)だと答えている。

なお、この何切る問題は効率を高める(を減らす)ための練習に特化しており、相手の捨てなどは考慮されていない。したがって、相手の捨てを読む、いわば、守るために切る行為とは別物であることを踏まえておく必要がある。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

 

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%BD%95%E5%88%87%E3%82%8B

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

何切る

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 何切るについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!