単語

とは、中国語圏の人名、地名である。

漢字として

Unicode
U+646F
JIS X 0213
1-57-85
部首
手部
画数
15画
読み(常用)
訓読み(常用)
-
𢴷
Unicode
U+22D37
部首
手部
画数
16画
意味
執る、握る、強く握る、破る、撃つ、進む、(鷙と通じて)荒い、勇猛、(と通じて)至る、手厚い、極まる、(輊と通じて)低い、(贄と通じて)生贄。
説文解字・巻十二〕に「握持するなり。手にひ執にふ」とある。
字形
+執の会意、執の形説がある。執は罪人を捕らえるという漢字でしっかりと持つといった意味がある。会意説は、手と執るで握るという意味とする。
規格・区分
読みはシ(音)、訓読みは、つかむ、うつ。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第二準。2010年常用漢字表に追加された。
摯見・摯拘・摯獣

異体字

  • 𢴷は、〔康煕字典〕の本字。執の部分が執の本字になっている。
  • 簡体字は挚。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%91%AF
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 摯についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!