今注目のニュース
ぼったくりキャバで70万円請求された男、逃げ出した決死の方法とは
絵のタッチ変わりすぎじゃない!?と思う作品ランキング
家族に内緒で鉄釘を食べ続けた男性、胃から116本を摘出(印)

ぼくと魔女式アポカリプス単語

ボクトマジョシキアポカリプス

掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ぼくと魔女式アポカリプス水瀬葉月/著、藤原々々/イラストライトノベル電撃文庫より刊行。

概要

なかなかエロイ表が特徴的なこの作品は、傍点を多用してバトルを演出する21世紀のライトノベルオブライトノベルとも呼べる作品である。前シリーズ「結界式のフーガ」からは想像も付かない残かつ惨い展開、表現が描かれていて、スキーには持って来いの仕上がりとなった。

ストーリー

かつて魔術種と呼ばれる魔法を使える種族たちが存在した。彼らはその魔となる闇滓(アンシイ)を利用してありとあらゆる現を捻じ曲げて活用し、その世界への干渉の反動を受けてことごとくが滅びた。だが彼らはただ滅びるのをよしとしなかった。利用し自らを滅ぼした闇滓に自らの種族の情報を植え付け、根闇滓(ルートアンシイ)と化すことで種族の再を図ったのだ。

彼ら滅びた魔術種の的はただ1つ、同じように滅びを免れた根闇滓、その膨大なを奪って種を再すること。

っていう背景があったのさ。

いくら強大なを持つ根闇滓だって、現世で活動して魔法をバンバン使うには体が必要だった。でもそのために重な闇滓を使うなんてもったいない……。そう考えた根闇滓たちは当然の結論に達する。

「そうだ、人間(非魔術種)の体を使えばよくね?」

そして駆り出された不幸な人々が、この作品のな登場人物たちなのであったのさ。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 14ななしのよっしん

    2013/10/11(金) 13:28:38 ID: WlAaojECz5

    正直C3より好きな作品
    腕切り落としたりしながら攻撃、しかも切る部位の大きさによって技が変わるとか凄い良いのになあ…もったいない

  • 15ななしのよっしん

    2013/12/08(日) 01:55:02 ID: eUEIR8GoQP

    シーキューブの展開は「まあラノベだしこの程度で済むだろう」の予想の範囲内だからなぁ
    ここまでどうあがいても絶望な展開だと良い意味でラノベらしくなくてどんどん読み進めちまった
    主人公キャラの立ち具合とか少年漫画じみてるよね

  • 16ななしのよっしん

    2016/01/14(木) 00:04:44 ID: 6OzK5NTWDn

    学生時代ドハマリしてた思い出
    1巻の「祝福がありますように」の件を未だに暗唱できる事実に自分で驚いた

急上昇ワード

最終更新:2019/05/19(日) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/19(日) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP