今注目のニュース
都市部になく地方で多かった意外なプラごみの正体
「もっとかまってもっと遊んで!」インコと猫の間に流れるキャッキャウフフな幸せ時間
猫ロジック。マウスを握るとウエイトリストバンドと化す2匹の猫

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 追憶編単語

ルロウニケンシンメイジケンカクロマンタンツイオクヘン

  • 3
  • 0
掲示板をみる(73)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 追憶編」とは、和月伸宏漫画るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-」作中の物語「人誅編」で剣心った幕末回想OVA化したものである。

人誅編は後のOVAるろうに剣心 -明治剣客浪漫譚- 霜編」に少し収録されている。

概要

1999年2月9月にかけて全四幕が発売。この四幕をまとめさらに新たなシーンを追加した「特別版」がVHSDVDリリース
また2011年8月24日にはBlu-rayでも発売された。

  • 第一幕『る男』
  • 第二幕『迷い猫
  • 第三幕『宵里山』
  • 第四幕『十字傷』

原作のような剣心回想形式ではなく、剣心が幼い頃野盗に襲われるシーンから抜斎としての暗躍、そしての死までをたどった物語である(このため本作の時代は初めから終わりまで幕末

また、原作TVアニメとはキャラクターデザインがかなり違い、ギャグシーンも一切なし。一貫してリアリティシリアス傾向で、剣心が技名を言う事もない本格的な時代劇アニメである。TVアニメではほとんど表現されなかった「で人を貫く、大量の出血、首や身体が切断されて飛び散る」といった残酷・残虐なシーンが非常に多いため注意

原作TVアニメでは描かれなかった剣心沖田総司の対決も描かれている。

海外での評価

製作過程でモデルとされた作品

勝新太郎演の名作時代劇「人り」(1969)

(幕末に土佐実在した「人り以蔵」こと岡田以蔵主人公にした映画

追憶編を一読して直感があった。「これは、五社監督橋本脚本、勝新太郎演の『人り』の世界だ」。この直感は、単に「人り繋がり」だけによるものではない。(中略)五社監督の演出も全編に渡っていい意味で実に泥臭く、土砂降りの中で人々が死に物狂いでり合う様等が壮絶な映画なのである。私は「あ、あの泥臭さだ。あれが今度の追憶編には絶対に必要だ」と思ったのだ。監督にもそう言い、実際に「人り」を見てもらった。監督は一言「なるほど、わかりました」と言ってくれたから、そこで監督脚本家の共通認識ができあがった。

脚本家そごまさし(十川誠志)がゆくexitより

製作上で課せたルール

  • 全ての台詞を厳選し、安易な会話は絶対にさせない。
  • キャラクターの「心理描写」は璧にやって当たり前、かつ細心の注意を払う。
  • 日本四季折々」を底的に描く。ただし「フジヤマゲイシャ」的な描写に落とすことなく、幕末日本を忠実に再現する事で、自然にこの四季を描く。
  • 歴史事実や当時の社会背景物語バックホーンとして濃厚に持たせるが、それを敢えて前面には出さず、そこは「歴史オタさえわかればよし」程度に留める(これは物語のうねりや盛り上がりを損ねないためである)
  • TV放送用の作品ではないので「人がられればおびただしい出血があるのは当然」であり、その描写については逃げずにっ向から表現する。その結果凄惨な映像になったとしても、それは「りの歴史事実」を描く事に他ならないから、批判は恐れない。

登場人物

主人公とその妻と師匠

緋村剣心緋村抜刀斎CV涼風真世/心太:鈴木真仁
本作の主人公。幼名は心太。野盗に殺されそうなところを
比古清十郎に助けられ、客に相応しい名として「剣心」の名を受け子となる。その後、時代を変えるため師匠の元から出て行き、動乱のに身を置く。こうして抜斎と呼ばれる人りとなるものの、人々を救うためにに来たはずが人々を殺すだけの自分にギャップを感じていた。そんな時に「雪代巴」と出会い人生を変えられる。 

雪代巴緋村巴CV岩男潤子
本作のヒロイン。婚約者を抜斎に殺された事を知り、彼を殺す策略に手を貸すが、次第に剣心愛してしまい、最後は辰巳から剣心を守るため二人の間に割って入り、結果として剣心によって命を落とす。原作ではそのときに持っていた彼女の短剣心の顔をかすめた結果消えない十字傷となっているが、本作では絶命寸前の自身の意思で剣心の顔に傷をつけている。

比古清十郎CV池田秀一
飛天御剣流十三継承者。幼かった心太(剣心)を野盗から救い、その後客に相応しいよう「剣心」の名を授け子にした。剣心が袂を分かつとき、原作TVアニメのような喧別れとはやや異なる別れ方をしている。

長州藩士とその身近な人物

桂小五郎CV関智一
長州士で、高杉騎兵隊にいた剣心の実を見て「にほしい」と高杉にいい、その後剣心を人りに仕立てた。劇場版でもセリフはないが、坂本西郷と共に登場している。

CV
人。原作では名前のみしか出てこない。

高杉晋作CV高木渉
長州士。騎兵隊を結成し、その中に剣心もいた。うのという愛人がいる。は「作は例えるなら抜き身の」といい、その言葉に幾は「高杉さんが抜き身なら、うのさんは」と答えている。 

飯塚CV中尾隆聖
長州士で検分役。池田屋事件後も身を隠した剣心のもとへ足を運んでいるが、実は別の顔を持っている。

CV星野充昭
長州士での側近。内通者を突き止めた直後、闇武に惨殺される。

小萩屋の女将CV小平
名称不明。原作とはかなり違い、密かに剣心の身を案じている。

志々雄真実
原作と違い、名前もセリフも出てこない。最後の方で内通者を暗殺している。

新選組

近藤勇CV高橋
新選組局長沖田たちと池田屋に乗り込む。

土方歳三CV小山力也
新選組副長。古高を拷問していると思われるシーンがある。

沖田総司CV小粥よう子 現:日比野朱里
新選組一番隊組長原作TVアニメでは活躍したシーンがあまりなかったが、本作では池田屋での戦闘剣心との戦いが描かれている。 

斎藤一CV鈴置洋孝
新選組三番隊組長。本作の最後で剣心を交える。沖田より強いとも謳われていた。史実では沖田のほうが年上であるが本作では斎藤が年上のように描かれている。流儀名が原作の設定では溝口流だが、本作では外流になっている(史実でも両方の説がある)。

藤堂平助
新選八番隊組長。素顔は出てこないが、池田屋に乗り込む前に、土方から名前を呼ばれている。

闇乃武

辰巳CV内田稔
武の頭。粗暴な原作とは違いかなり落ち着いた性格で、に人の情をっている。

村上
本作ではセリフい。組織で一番最初に剣心り殺された男(本作ではこの時に剣心が出会う)。

中条
同じく原作と違いセリフがない。最期は自爆し結界となり剣心の聴覚を奪う。 

角田
彼もセリフし。最期は自爆して結界となり剣心の視を奪う。

八ツ目無名異
やはりセリフがない。また、闇武で一生き残り、原作では縁と手を組んで抜斎に人誅を加えようとしているが、この後に出たOVA霜編」では登場していない。

雪代縁CV佐々木望
になりたくて自らの意志で辰巳たちに協する。だが、の前で抜斎にを殺され、OVA霜編」で抜斎に人誅を下そうとする。

その他の幕府の者

清里明良CV岩永哲哉
の許婚。彼女幸せにしようと見組に入り、重倉や石地と共に抜斎に殺される。だが、生きる執念は強く、抜斎の顔に一筋の傷をつけた。

重倉十兵衛CV鶴岡聡
京都代。本作では祝言を控えている清里をおうとするが、抜斎に殺された。

石地CV訓久
清里と共に重倉の護衛をしていたが、抜斎に殺された。

その他の人

CV並木のり子
人買いに買われた女の一人。原作では名前だけだが、TVアニメや本作では野盗から必死で心太を守るシーンが描かれ、賊に殺される。

CV仲尾あづさ
人買いに買われた女の一人で、より年長の人物。同じく、原作では名前だけだが、TVアニメや本作では野盗から必死で心太を守るシーンが描かれ、賊に殺される。本作では、彼女香をつけていたことが、剣心香の香りを知っていた理由とされている。

CV湯浅香織
人買いに買われた女の一人。彼女も同じく、原作では名前だけだが、TVアニメや本作では野盗から必死で心太を守るシーンが描かれ、賊に殺される。

スタッフ

関連商品

関連動画

 

 

関連項目

掲示板

  • 71ななしのよっしん

    2019/09/05(木) 00:58:42 ID: fUUk4RNRMn

    前からそう言われてなかったか

  • 72ななしのよっしん

    2019/10/27(日) 22:18:05 ID: UMVI8Ayo+M

    >>70-71
    原作追憶編剣心池田屋に行ってないのがはっきり描かれてるから、
    北海道編で行ってないと言われるのは当然だね

  • 73ななしのよっしん

    2019/12/04(水) 01:22:27 ID: yXmxgVT3KE

    この記事なんで文章全体を黒文字にしちゃったの?
    せっかくの大百科なのにほぼ全文黒文字じゃ意味ないと思うんだけど

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/11(水) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/11(水) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP