今注目のニュース
プラバンで作ったとは思えない!思わず見とれてしまう「藤の花ランプ」
職場で受けた理不尽な扱い「女だから試用期間で退職して」「上司にゲイをカミングアウトしたら取引先でネタにされた」
「専業主婦じゃない無職の人妻は何と名乗れば」立ち位置の悩みに同情多数「堂々と無職を名乗れない風潮」

アントワーヌ・オーギュスタン・クールノー単語

アントワーヌオーギュスタンクールノー

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アントワーヌ・オーギュスタン・クールノーAntoine Augustin Cournot1801年〜1877年とは、フランス数学者、哲学者、経済学者である。

概要

世界で初めて需要曲線を定義しかつ描いた経済学者。さらに経済学において、極大問題の解決に微積分を初めて用いた人でもあった。

独占市場や寡占市場においての均衡理論を展開し、経済学部公務員志望の人が習う「寡占市場におけるクールノー均衡」のクールノーさんとはこの人である。クールノー均衡とは寡占市場(特に二企業による寡占)ではお互いがお互いの産出量と値段を見つつ、自らの産出量と値段を決定するというものである。

クールノーの著書は出版当初、世間からガン視されたため彼は落胆し25年間経済学の研究を止めてしまった。しかしそれでも後期の著作「富の理論の原理」と「経済学要綱」で読みやすくする為に数学の使用をやめてまで復帰したが、それでも哲学数学分野の功績にべれば生前クールノーが受けた経済学の名誉は乏しかった。

ルラスにも言えることだが、当時の経済学はあまり数学を使わないものであったので、数学経済の説明に用いたワルラスやクールノー視されてしまったのだ。しかし、クールノーの著作は彼の死後、他でもないワルラスを含めたジョボンズマーシャルの手によって再評価され限界革命に大きな貢献を果たした。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/05/25(土) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/25(土) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP