今注目のニュース
がん闘病のペナルティ・ワッキーが退院
あれ?抜けない……太り気味の猫がキャットタワーでまさかの事態に
薬局からイソジンが消え… メルカリで「透明なうがい薬」が大量転売

ANT単語

アント

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ANTとは、以下のものをす。

  1. Javaベースのビルドツール(一般にAntと書く)。
  2. マジック:ザ・ギャザリング(以下、MTG)のデッキ(一般にANTと書く)。

この項では2と3について詳述する

2の概要

Antは、Apache Projectにて開発をされている。ビルドの示はbuild.xmlに記述して、そのbuild.xml示にしたがって、antコマンドでビルドを行う。もっとも、Javaベースなだけであり、理屈上はmakeと同じようなことが可である。

3の概要

ストーム”を活用したレガシーデッキデッキ名はキーカード《むかつき/Ad Nauseam》と《苦触手/Tendrils of Agony》から。レガシーを代表するデッキのひとつである。

Ad Nauseam / むかつき (3)()()

インスタント

あなたのライブラリーの一番上のカード開し、そのカードをあなたの手札に加える。あなたはそれの点数で見たマナコストに等しい点数のライフを失う。あなたはこの手順を望む回数繰り返してもよい。

引用元exit

Tendrils of Agony / 苦触手 (2)()()

ソーサリー

プレイヤー1人を対とする。そのプレイヤーは2点のライフを失い、あなたは2点のライフを得る。

ストーム(あなたがこの呪文を唱えたとき、このターンにそれより前に唱えた呪文1つにつきそれを1回コピーする。あなたはそのコピーの新たな対を選んでもよい。)

引用元exit

1ターンの間に軽量なドロー呪文などを連打しストームを溜め、《苦触手》で20点以上を叩き込む。デッキのほとんどのカードが0マナか1マナのため、《むかつき》を使えばほぼ確実に致死量のカードを集めることができる。一方、デッキの中の数少ない重たいカードを連続でめくってしまい頓死ということもたまにある。

キーカードだけならだが、ドロー呪文が充実しているを加えたの2色が基本。この他にデッキの色付けとしてを足すことが多い。

非常にプレイ難度が高いデッキとして知られている。一方、熟練すれば苦手な《意志の力》などが入ったデッキなども打ち倒せるデッキパワーももつ。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/05(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/05(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP