カール・オルフ単語

カールオルフ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

カール・オルフ1895~1982)とは、ドイツ作曲音楽教育である。

概要

簡単にいえば、おお、運命の女神よ(O Fortuna)でおなじみの『カルミナ・ブラーナ』のあの人である。

ミュンヘンで生まれ育ちリヒャルト・シュトラウスなどのを受けながら、音楽教育を受けていった。1914年に兵役のための音楽学校を一度離れるが、1924年にはミュンヘン体操、舞踏、音楽のための学校を共同で設立した。オルフの音楽教育革新的な考え方とは、打楽器を用い、音楽と身体の動作の間の関係にを向けて、遊びの要素を取り入れた参加教育を重視した点である。

オルフの教育方針は彼の音楽性にも表れている。ストラヴィンスキーや『カルミナ・ブラーナ』に代表される古典テキストへの情熱とは別に、リズムの重視、打楽器き、を使った直接的な表現といったものが特徴的で、荒々しくも官的なものになっているのである。

もちろんこうした『カルミナ・ブラーナ』、『カトゥーリ・カルミナ』、『アフロディテの勝利』の三部作や、歌劇アンティゴネ』といった大掛かりな舞台音楽のみを作ったわけではなく、幼い子供たちが打楽器を使って演奏できるような工夫を取り入れた『子供のための音楽』のような音楽も作っている。晩年にはザルツブルクにオルフ研究所を設立し、音楽教育のためのコースを設けた。

関連動画

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/29(火) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/29(火) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP