今注目のニュース
子犬の口を2週間縛り付け大怪我をさせた飼い主の女、逮捕 身勝手な動機に怒りの声相次ぐ
9年かけて超巨大宇宙戦艦をレゴで作ってみた! パーツ総数不明、男のロマンを詰め込みすぎて「家に置けない」「要塞じゃねえか」
警視庁も重大関心。神戸山口組を揺るがす在阪組織トップの住民票事件

ハスターの帰還単語

ハスターノキカン

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ハスターの帰還』(The Return of Hastur)とは、オーガスト・ダーレスによって書かれた小説作品である。

概要

『The Return of Hastur』は1939年に雑誌『ウィアード・テイルズ3月号に掲載された短編小説[1]

1941年にArkham Houseより出版されたダーレスの短編集『Someone in the Dark』に収録された。

ハスターの帰還」とのタイトルで、日本語訳が心社のハードカバーシリーズクトゥルー神話大系」の第1弾で1980年に出版された「クトゥルー 闇の黙示録」や、同じく心社からの文庫本シリーズ「暗黒神話大系シリーズ」の第1巻で1988年に出版された「クトゥルー 1」に収録されている。

ストーリー

アイルズベリイ街道の屋敷に住む老人エイモスタトルの不可解な遺言をきっかけにして始まる事件。

「屋敷の書物とともに屋敷を破壊してほしい」

不可解な遺言と屋敷で起こる怪異を探究し始めたエイモスの遺産相続者で甥のポールタトルが『ルルイエ異本』を始めとする魔道書から導きだしたことは〈旧神〉や〈旧支配者〉の登場する神話に関連する恐ろしい事実だった……

ルルイエ異本』に関するメモ[約束にくわえて]や変貌する老人の遺体、屋敷にく足音の正体とは?

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *The FictionMags Index Familyexit内の『Weird Tales』誌の収録内容一覧exitより

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP