ミハエル・シューマッハ単語

ミハエルシューマッハ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(91)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ミハエル・シューマッハ(Michael Schumacher)とは、である。もしくは、ドイツ生まれ、メルセデスGP所属のF1ドライバーである。

以外の称は、シューミー、マイケルミハエル英語読み)、皇帝。また、冷静正確なドライビングから、「ターミネーター」、「サイボーグ」と呼ばれたことがある。

概要

チャンピオン獲得回数7度、通算優勝91回、通算PP獲得68回、通算FL獲得76回という成績を持つ、F1史上最高のドライバーである。レースにおいては、ポールポジションからの逃げ切りやピット戦略で前に出ることが多く、その戦略を確実に実行する集中をもっていた。そのため、コース上でのオーバーテイクはあまり多くない。また、マシン開発はとても高くフェラーリ黄金期の礎を築いた。しかし、タイトル優勝を取るために評価と名に汚点を残すような行為を数多く行っている。引退後は、バイクレースに参戦したり、世界交通安全大使フェラーリスーパーアドバイザーとして活躍していた。

・・・と、ここで緊急ニュースが入って参りました

2006年をもってF1から引退したシューマッハ選手ですが、ハンガリーGPで負傷したフェリペ・マッサ選手の代役としてヨーロッパGPからF1復帰する事になったようです。

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

が、しかし…

実は2月オートバイ事故を起こして首を負傷していた。その後遺症のため、テスト走行でも痛みがひどく復帰を断念したようです。

と、思ったら

2010年シーズンメルセデスGP(旧ブラウンGP)から復帰するとの報道皇帝セカンドカミングである。

2010年シーズン

メルセデスGPに加入し、4年ぶりに現役復帰したミハエル・シューマッハ。ハンガリーGP終了時点で、最高位は4位で、表台にはまだ上れていない。ドライバーズラキングでは、38ポイントで9位になっている。予選でも決勝でもチームメイトニコ・ロズベルグに負けることが多いが、モナコGPでフェルナンド・アロンソセーフティカーが退いた最終ラップの最終コーナーで抜いたり(反則で最終的には12位に降格)、カナダGPで子のマッサに幅寄せしてマッサフロントウイングを壊したり(ペナルティはなかったが、フォース・インディア勢に抜かれてポイントを逃す)、ハンガリーGPでルーベンス・バリチェロに幅寄せしてウォールぎりぎりまで押し付けて抵抗する(ベルギーGPで10グリッド降格)など、反則行為をしてまでもレースポイントに懸ける執念は相変わらずの模様。

事故

2013年12月29日スキー中に転倒して頭を強打、重体となる。数ヶ間意識不明の状態が続いたが、のちに意識を回復して退院した。

しかし現在でも言と記憶障、体の麻痺が残り、リハビリを続けている。

全盛期のミハエル・シューマッハ伝説

関連動画

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/02(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/02(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP