平均律 単語

46件

ヘイキンリツ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

平均律とは、音階定義において、1オクターブを均等に分割する方法である。 分割数にはいくつかの種類があるが、ここでは最も一般的な12平均律(12等分したもの)について説明する。コンピュータ楽器ピアノなどの調方法もこれにあたる。

音楽関連用語の一覧

概要

音が1オクターブ上がると音の周波数は2倍になり、1オクターブ下がると半分になる。1オクターブの中には12個の音(ド・ド#・レ・レ#・ミ・ファ・ファ#・ソ・ソ#・ラ・ラ#・シ)が含まれていて、それぞれの隣り合う音(半音同士)の周波数が均等になるようにしたものが平均律である。

平均律で祝えばピアノもぐにゃっとするとかしないとか。

半音同士の周波数は、n12 = 2 [倍] を満たす n の値、すなわち2の12乗根である。両辺を1/12乗して n = 21/12 = 約1.059倍となる。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
鬼滅の刃[単語]

提供: マリア

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/19(金) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/19(金) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP