今注目のニュース
街中で酔いつぶれた光景を「顔出し」でTwitterに投稿、法的な問題は?
シャチのケンカ、3分以内に仲直り
西野未姫の衝撃“イビキ寝姿”に騒然

日本酒単語

ニホンシュ

掲示板をみる(152)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

日本酒は、清酒ともいい、と麹を元にして製造される日本固有のである。

概要

日本酒一升瓶を抱えた弱音ハク

文字通り、日本で伝統的に作られているである。・麹を材料とし、麹菌であるオリゼーがデンプンの糖化を、酵母セレビシエアルコール発酵の役割を担うが、これが同時にひとつの発酵槽内で行われるのは世界あまたありといえども、日本酒くらいなものである。歴史的には、平安時代に編纂された『延喜式』によれば、この時すでに現在余り変わらないが作られていたようである。

元をたどれば、いわゆる「口噛み酒」(お米くちゃくちゃよく噛んで容器に貯めてほっとく)につながるのだが、ここらへんの話はWikiexitの方が詳しいだろう。粕との分離を効率的にする方法を確立したのは「鴻池新六」(安土山~江戸時代の商人で、尼子に奔走した「山中鹿之介」として知られる「山中幸盛」の息子)と言われる。ともかく、日本人とは切っても切れない関係のお酒なのである。

しかし、最近は「若者の日本酒離れ」などと叫ばれており、実際に日本酒の消費量は年間631kL(平成20年)と、平成元年べても半減している[1](逆に海外では”Japanese sake”として人気を博している)。高度経済成長期以降、ウイスキービールリキュールなど他のの消費量が上昇し、それに反例するかのように消費量は漸減してきた。現在では、江戸時代より長らく日本酒より格下ののように扱われていた焼酎にも生産量が逆転されており、最盛期の1/3にまで低落している。

も、現在日本ではビールウイスキーリキュール含めてアルコール類自体の消費量が若者中心に漸減傾向にある(若者の離れ)。
その中でも日本酒の消費量が特に減少した理由には諸説ある。

編集者主観であるが、その一因には日本酒の区分のややこしさが関係していると思われる。やれ「大吟醸」だの「普通」だの「純」だのよくわからないし、いったい造関係者以外で生貯蔵・生詰・生の違いを説明できる人間日本にいくらいるのか?とかなんとかで、一体何を飲めばいいのか分からず、結局発泡酒あたりで落ち着く人が多い。

ぶっちゃけ分かんなくてもいいんじゃね?

大吟醸を名乗る製品にもひどいモノはあるし、ただの普通であっても良く舌に染むものもある。甘いもあれば、辛いもある。キンキン冷やしたのから、湯気が出るまでアッツイのまでいろいろ飲めるのが日本酒のいいところだ。あんまり難しいこと考えずに「ティンときた!」を手にとってみてもいいんじゃなかろうか?

店員に尋ねてみるのもお奨めである。もちろん色々こだわりたい人は、ラベル裏面とにらめっこしてみるのもいいだろう。日本酒度、精歩合など、情報がかなり細かく書かれているのも日本酒の特徴の一つだ。でも、最後は自分の舌が決めるんだからね?

酵母

日本酒の味、香りを決めるものとしてもあるが、一番重要なのは酵母である。ほとんどがS・セレビシエで、コイツが「糖をアルコールに変える」「日本酒独特の良い香りを作り出す」といった仕事をしてくれる。昔は蔵に住み着いた「蔵付き酵母」のを借りて造っていたが、毎年質が変わるので、品質が安定しなかった。明治時代から日本醸造協会によって優秀な酵母が分離、培養されて協会酵母として頒布されている。近年では協会酵母に頼らず、地方自治体(の所管団体)が開発した酵母や、から分離した酵母などが開発研究されている。

分類

日本酒の分類は、「材料をどのように使ったか」「どのような工程を経て作られたか」で大別される。「材料をどのように使ったか」は、粒のうち何%造りに使ったかを示す「精歩合」で決められる。日本酒の質は、の中央部にある「心」という部分が密接に関係しているので、これを多く取り入れるためにの周りを削りとるのだ。一方「どのような工程を経て作られたか」というのは、その工程一つひとつに対しいろいろな分類がある。よくラベルに書かれるのは、酵母をどのように増やしたかという「造り」、雑味を取るための「濾過」、加熱して殺菌消毒する「火入れ」についてのものが多い。先に言及した生々は火入れについての分類である。

材料から

  • 合成清酒・三倍増醸清酒(三増) - 廉価で質の低い。美味しくはない。悪酔い確実なので間違っても初心者は飲まない事。飲用のみならず、料理としても使用すればコスパがよい。なお合成清酒は税法上の「清酒」ではなく、厳密に言えば日本酒(清酒)ではない。また2006年酒税法が正されており、現在は「三増」は清酒ではなくリキュールとして扱われる(二倍増醸までが清酒扱い)。
    [2]
  • 普通 - 以下に記した「特定名称」に当たらない日本酒。純が含まれないので、醸造アルコールや糖類などを添加している日本酒である。アルコールの添加率は45であり、実質的に「二増」がその多くを占めている。しかしながら、精歩合が低くアルコール添加がある故、特定名称の条件を満たしていないだけの高品質の普通も存在する。
    いわゆる「カップ酒」や「パック」など多くのはここに当たる(共に特定名称も存在するが)。
  • 特定名称 - 以下に記したような、特別な区別が与えられる日本酒のこと。8つの名称がある。
  • だけの日本酒(だけのお酒) - 純同様、麹・のみで作った造好適いなど、純の規格を満たしていないがそう呼ばれる。
  • - 麹・のみで作った。日本酒はすべてがこれではない。アルコールを添加しているものが多いのだ。
  • 本醸造 - 精歩合70%以下の。また醸造アルコールの添加量もの重量の1割までに制限されている。
  • 吟醸 - 精歩合60%以下で、さらに吟醸造りという方法で造られた。低温でゆっくり発酵させることで、「吟醸香」と呼ばれる独特の香りがよく立つが、そのぶん醸造に手間もかかる。
  • 大吟醸 - 精歩合50%以下で、さらに底して低温で長期熟成した。「造の最終標」と言っても過言ではないだろう。

工程から

  • 生酛 - 造りの手法の一つ。一番古い歴史があるが、手間も時間もかかる。
  • 酛 - 造りの手法の一つ。国立醸造試験所で開発されたエリートさん。
  • 速醸酛 - 造りの手法の一つ。現在最も多く使われている手法で、短時間で出来る。
  • 濾過 - まんま。濾過しないので雑味やら何やらがあるらしいがよく分からなかった。舌の肥えている人頼む←摯に取り組む地方の中小蔵元のそれならおいしいんじゃないのかなぁ?(アニメ聖地巡礼と蔵元巡り、二足のわらじの人より)
  • 生貯蔵 - 火入れは本来2回行うのだが、その最初の一回をしないもの。
  • 生詰 - 火入れ2回のうち、あとの一回をしないもの。
  • (なまさけ) - 火入れをしないもの。殺菌しないので、くに味が落ちる。
  • - 加などのアルコール調整をしない。度数は20度前後と高くなる。

関連動画

関連商品

 

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *酒類消費数量の推移(日本酒造組合中央会)exit
  2. *お菓子で言えば、合成着色料・化学調味料をふんだんに使った駄菓子駄菓子子供時代の郷愁を誘うのと同様に、一部のみからは根強く支持をされている。謂わば「上級者向けの、健康に宜しくない危険な日本酒」。駄菓子同様、好者に向かって不味いとか安とか原理義者などとっぽく非難せず、それも文化と受け止める度量を見せよう。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP