単語

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とは、うかがい見るという意味の字である。

漢字として

Unicode
U+7ABA
JIS X 0213
1-17-14
部首
画数
16画
Unicode
U+95DA
JIS X 0213
1-95-37
JIS X 0212
70-29
部首
門部
画数
19画
𡪽
Unicode
U+21ABD
部首
画数
15画
𥨾
Unicode
U+25A3E
部首
画数
21
意味
のぞき見る、こっそり見る、チャンスをうかがう、める、機会を待つ、(跬と通じて)片足を踏み出す、片足を踏み出した長さの単位、という意味がある。
説文解字・巻七〕に「小しく視るなり」とある。
字形
符は
音訓
音読みはキ(音、音)、訓読みは、うかがう、のぞく。
規格・区分
人名用漢字である。JIS X 0213第一準。2004年に人名用漢字に採用された。
窺管・窺覬・窺見・窺伺・窺測・窺知・窺覧

異体字

  • 闚は、窺と通じる字。〔説文〕には別の字として載っている。JIS X 0213第三準。JIS X 0212補助漢字
  • 𡪽は、〔漢語大辞典・異体字表〕にある異体字。
  • 𥨾は、〔漢語大辞典・異体字表〕にある異体字。
  • 簡体字は窥。
この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/21(水) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/21(水) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP