今注目のニュース
台風20号北上 本州で再び大雨のおそれ
竹中平蔵「現代人は90歳まで働くことになる」
「食べたらマナー違反?」 姑のお吸い物に入っていたモノに驚き

YM2151単語

ワイエムニーイチゴーイチ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

YM2151とは、ヤマハ株式会社が開発、販売したFM音源チップである。通称OPMFM Operator type - M)。

概要

4オペレーターのステレオFM音源8chを搭載し、数多くのアーケードゲームに搭載された音である。

庭用(特にパソコン)には性の劣るYM2203(OPN)の方が普及したが、この高機チップを採用するハードもいくつか存在する。

最初に登場したのは、1985年に開発元であるヤマハMSX/MSX2向けに発売したしたSFG-01という外付けユニットである。ただしMSX互換スロットではなく、専用スロットヤマハビクターのみ搭載)に取り付ける仕様となっていたため使える機種は限られた。翌年には機を強化したSFG-05も発売されている。
ちなみに、ヤマハはこのユニットを接続済みのMSX/MSX2を楽器ルートで販売していた。

1986年には、シャープが自社パソコンX1/turboシリーズ向けにFM音源ボードを発売した。NEC富士通に対して全に出遅れた格好となったシャープであったが、他社がOPNを採用するのに対し、高性OPMを採用したことは驚きを持って迎えられた。
あくまでオプションであったためソフトハウスの対応は当初鈍かったが、86年末にこのボードを標準搭載したX1turboZが発売されたことで、FM音源に対応するソフトも増えていった。

1987年には、シャープX1/turboシリーズの後継機にあたる(ただし互換性は全くない)X68000が発売され、YM2151が音として採用された。
X68000は当時のアーケードに迫る性を有しており、サウンド面での再現性の高さも特筆される。

関連動画

iYM2151

DETUNEが発売しているiPadアプリYAMAHA純正のiOSFM音源コアが使用されている。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP