エディット・ピアフ

について語るスレ

記事をみる

6

<<

>>

1/1

  • 1ななしのよっしん

    2010/11/18(木) 19:17:09 ID: vtz1Bw8vX9

    毎日聞いています。
    本当にありがとう。

  • 2ななしのよっしん

    2012/04/03(火) 15:14:44 ID: gwpoPF1NUu

    インセプションから。「ダッダダダダダダッダ」と追っかけてくるような部分が印的だった。

  • 3ななしのよっしん

    2014/05/24(土) 15:16:42 ID: aMUtiJNxKP

    この人の「の賛歌」は、淡のり子美輪明宏あたりがフランス語で歌おうとしたけど
    ピアフの歌唱に感動して、「自分がフランス語で歌うなんておそれ多い」と言って
    フランス語では歌わなくなったんだよね。

  • 4ななしのよっしん

    2014/08/10(日) 05:01:30 ID: 7Wu/NY10//

    ピアフの記事で恐縮だが、確かに世界的にカリスマシャンソンの歌姫はピアフなのだが、彼女の友人だったもう一人のスターについて悲しい報せが入ったので記録しておきたい。イベットジローが、97歳で亡くなった。
    あじさいパリカナイユ、ミラボーは有名だが、かのの賛歌も、もとはイベットに曲提供するためにピアフが作詞したのだが、ピアフの人が急死してしまい、それを悼んでピアフ自身がレコーディングすることになったのだというから、ピアフの人の悲劇がなかったら、ジローの賛歌になっていたところだったのだ。
    個性的なクセの強いピアフに対し、ジローの持ち味は脱なり口だった。ピアフが魂の叫びだとすると、ジロー人生を淡々とっていく詩人、そんな雰囲気があった。
    大の日本びいきということもあり、何度も来日していたので、ここ日本ではジローのほうが人気があったかもしれないくらいだ。しかし、日の流れとともに次第に忘れ去られ、今日ではジローの名を知らないシャンソンファンも増えつつある。
    確かに、世界的にカリスマなのはピアフであろう。海外シャンソンファンが、特別な歌手はピアフだけ、というのは仕方ないかも知れない。
    しかし,日本シャンソンファンがそれではあまりに情けない。少なくとも、日本ではイベットジローの名は忘れられることはあってはならない。
    ジロー落た歌は、これからもずっと聴き継がれていくことだろう。今まで本当に長いこと、お疲れさまでしたと言いたい。

  • 5ななしのよっしん

    2017/04/07(金) 20:04:51 ID: 8Zb+aBgNKW

    名曲だね

  • 6ななしのよっしん

    2018/10/15(月) 18:48:55 ID: ZnpqSnHvbO

    ピアフに認められてデビューしたフランス歌手シャルル・アズナヴールさんが94歳で亡くなりました。
    シャンソン黄金時代の人達がいなくなっていくのは寂しいです。

<<

>>

1/1


TOP
       

ほめた!

すでにほめています。

ほめるを取消す

 

 

OK

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

キャンセル

ログイン