カール・マリア・フォン・ウェーバー単語

カールマリアフォンウェーバー

カール・マリア・フォン・ウェーバー1786-1826)とは、18世紀末から19世紀初頭にかけて活躍した、作曲揮者、ピアニストである。

概要

歌劇団を運営していたの下に生まれ各地を周った。アベ・フォーラー神父ジャコモ・マイアベーアとともに学んだほかヨーゼフ・ハイドンミヒャエルハイドンにも師事した。17歳でブレスラウの楽長に就任し、次いでプラハ歌劇場音楽監督に、1816年ドレスデンドイツオペラ団の監督に就任した。

そこでは、宮廷内政治や前時代から続くイタリア語オペラとの対立関係といった困難な問題に直面。しかしそれを乗り越え「魔弾の射手」といったドイツ語オペラ作曲し、クリストフ・ヴィリバルト・グルックからリヒャルト・ワーグナーへと至るドラマティシズムの発展の系譜に位置づく存在となったのである。

しかし結核のため長期にわたって健康し、ロンドンで「オベロン」を初演した数週間後に39歳の若さで客死したのであった。

ちなみにモーツァルトの妻コンスタンツェは従姉妹である。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

カール・マリア・フォン・ウェーバー

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • カール・マリア・フォン・ウェーバーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!