ガエターノ・ドニゼッティ単語

ガエターノドニゼッティ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ガエターノ・ドニゼッティ17971848)とは、19世紀前半に活躍したオペラ作曲である。

概要

ベルガモの貧しい庭に生まれたものの、シモン・マイヤーとマッティ神父に師事し、音楽教育を受けることができた。1830年のスカラ座からの委託であった「アンナボレーナ」の成功によって際的な名を得たようだ。

初期はロッシーニの亜流のようなオペラ作品だったが、1830年代のベッリーニの成功に刺されて、抒情性豊かな作品を作り、ともにロマンオペラをけん引する存在となった。1年に4作ものオペラ作曲するほどの多作家で、生涯を通して65作ものオペラを作ったが、作コロラトゥーラを多用した技巧的なものが多く、オペラの題材自体は悲劇から喜劇まで幅広く請け負った。

1844年ごろから梅毒が原因の精錯乱麻痺の症状が現れ始めてベルガモに帰郷し、1846年にはイヴリーの療養院に入るが、1848年にこの世を去った。そのため活躍の時期は極めて短いのだが、多作家であったために「ランメルモールルチア」、「ドン・パスクワーレ」、「の妙」など多数の作品が知られている。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%AC%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%89%E3%83%8B%E3%82%BC%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ガエターノ・ドニゼッティ

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • ガエターノ・ドニゼッティについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!