サニートラック単語

サニートラック
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

サニートラックとは、日産自動車が販売していたサニーベースの小ボンネットトラックである。
通称「サニトラ」

概要

1967年サニートラック仕様として販売開始した。
搭載されるエンジンはOHVのくせに改造次第では10,000rpm以上とやたら高回転まで回るA型エンジンであり、2代目以降はわりと最近の1994年まで大幅な変更もなく販売された事からチューニングのベースとして人気が高い。

初代B20型(1967年~1971年)

1967年2月にダットサン・サニー(B10)をベースに販売開始、1000ccのA10エンジンを搭載していた。

2代目(1971年~1994年)

前期型 B120型(1971年~1977年)

1971年2月に販売開始、B110サニーベースとなる。エンジン1200ccのA12に変更され、組み合わされる
トランスミッションは4MTロアコラムの3MTから選べた。グレードはスタンダードデラックスの2つ
1972年南アフリカバッキー1400として製造開始。こちらは1400ccのA14を搭載していた

1973年4月ロングボデー(GB110)が追加。こちらのグレードはデラックスのみであった。

中期型 B121型(1977年~1989年)

マイナーチェンジ。外装がフロントグリルがB110サニークーペの色違いに、ボディ側面の名エンブレムが変更。インテリアの色が色に統一され、メーターがB110サニークーペ前期用の丸となった。
1985年1月名がダットサンからニッサンに変更
1986年11月フロントガラスに合わせガラスを採用。駐止される。

後期型 B122型(1989年~1994年)

マイナーチェンジエンジン良され三元触媒が採用、フロントブレーキディスクとなった。
外観はヘッドライトとなり、グリルも変更。
内装はシート生地が変更され、インテリアの色がグレーに統一された。
1994年3月バネットトラック種統合され、日本での販売終了。

しかし南アフリカバッキー1400は2008年9月まで生産が続けられた。
こちらは生産終了後NP200に後継を譲る。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

サニートラック

1 ななしのよっしん
2015/02/22(日) 00:06:02 ID: mjxEjq0NlZ
作成乙

欠品があるとはいえ旧の中では較的維持しやすい方だよね

ニコニコニューストピックス