ジェームズ・ジョセフ・ヘックマン単語

ジェームズジョセフヘックマン
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

ジェームズ・J・ヘックマン(James Joseph Heckman、1944〜)とは、アメリカ経済学者である。2000年ノーベル経済学賞受賞。

概要

サンプル選択を分析する理論と手法の開発をした人物。長大かつ多産な論文を誇る経済学者である。

ミクロ計量経済学において統計的手法で個人・系・企業などの行動を分析する際に、研究者には不明な何らかの理由で分析大将となり得るサンプルに一定の傾向は生じ、集団全体の状況を反映しない可性がある(サンプル選択バイアス)。ヘックマンは抽出したサンプルの偏りを解消する手法を考案した。彼の手法は労働や賃等の社会問題に応用されている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジェームズ・ジョセフ・ヘックマン

1 ななしのよっしん
2017/11/08(水) 22:47:39 ID: s081wHyF5h
記事に「分析大将となり得るサンプル」とありますが、「分析対となり得るサンプル」では?

急上昇ワード