沼地単語

ヌマチ
2.1千文字の記事
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

沼地とは、

  1. 泥の積もった湿地帯。
  2. 芥川龍之介小説。ここで記載する。

である。

概要

芥川大正8年(1919年)、文芸誌『新潮』掲載した短編小説

初めは『蜜柑』とともに『私の出遇った事』というタイトルでまとめられていたが、単行本に収録されるさい別個の独立した作品となった。

沼地を舞台にした話ではなく、「私」がとある展覧会で見つけた『沼地』というタイトルの絵画にまつわる話である。

全文

あるの降る日の午後であった。私はある絵画展覧会場の一室で、小さな油絵を一枚発見した。発見――とうと大だが、実際そうっても差支えないほど、この画だけは思い切っての悪い片隅に、それも恐ろしく貧弱な縁へはいって、忘れられたように懸かっていたのである。画は確か、「沼地」とかうので、画は知名の人でも何でもなかった。また画そのものも、ただ濁ったと、湿った土と、そうしてその土に繁茂する木とを描いただけだから、恐らく尋常の見物からは、文字通り一顧さえも受けなかった事であろう。

その上不思議な事にこの画は、蓊たる木を描きながら、一刷毛もの色を使っていない。花果るものは、どこを見ても濁った黄色である。まるで濡れた土のような、重苦しい黄色である。この画には木の色が実際そう見えたのであろうか。それとも別に好む所があって、故意こんな誇を加えたのであろうか。――私はこの画の前に立って、それから受ける感じを味わうと共に、こうう疑問もまた挟まずにはいられなかったのである。

しかしその画の中に恐ろしいが潜んでいる事は、見ているに従って分って来た。殊に前の土のごときは、そこを踏む足の心もちまでもまざまざと感じさせるほど、それほど的確に描いてあった。踏むとぶすりと音をさせてが隠れるような、滑な淤泥の心もちである。私はこの小さな油画の中に、鋭く自然を掴もうとしている、痛ましい芸術の姿を見出した。そうしてあらゆる優れた芸術品から受ける様に、このいろい沼地の木からも恍惚たる悲壮の感を受けた。実際同じ会場に懸かっている大小さまざまな画の中で、この一枚に拮抗し得るほど強い画は、どこにも見出す事が出来なかったのである。

「大へんに感心していますね。」

こうう言と共に肩をかれた私は、あたかも何かが心から振い落されたような気もちがして、卒然と後をふり返った。

「どうです、これは。」

相手は頓着にこういながら、剃を当てたばかりの顋で、沼地の画をさし示した。流行の背広を着た、恰幅の好い、消息通を以て自ら任じている、――新聞の美術記者である。私はこの記者から前にも一二度不快な印を受けた覚えがあるので、不承不承に返事をした。

傑作です。」

傑作――ですか。これは面い。」

記者を揺って笑った。そのに驚かされたのであろう。近くで画を見ていたニ三人の見物が皆い合せたようにこちらを見た。私はいよいよ不快になった。

「これは面い。元来この画はね、会員の画じゃないのです。が、何しろ当人が口癖のようにここへ出す出すとっていたものですから、遺族が審員へ頼んで、やっとこの隅へ懸ける事になったのです。」

「遺族? じゃこの画を描いた人は死んでいるのですか。」

「死んでいるのです。もっとも生きている中から、死んだようなものでしたが。」

私の好奇心はいつか私の不快な感情より強くなっていた。

「どうして?」

「この画描きは余程前から気が違っていたのです。」

「この画を描いた時もですか。」

論です。気違いででもなければ、がこんな色の画を描くものですか。それをあなたは傑作だとって感心してお出でなさる。そこが大に面いですね。」

記者はまた得意そうに、を挙げて笑った。彼は私が私の不明を恥じるだろうと予測していたのであろう。あるいは一歩進めて、観賞上における彼自身の優越を私に印させようと思っていたのかも知れない。しかし彼の期待は二つとも駄になった。彼の話を聞くと共に、ほとんど厳粛にも近い感情が私の全精いようのない波動を与えたからである。私は悚然として再びこの沼地の画を凝視した。そうして再びこの小さなカンヴァスの中に、恐ろしい焦燥と不安とに虐まれている傷しい芸術の姿を見出した。

「もっとも画が思うように描けないとうので、気が違ったらしいですがね。その点だけはまあ買えば買ってやれるのです。」

記者々した顔をして、ほとんど嬉しそうに微笑した。これが名の芸術が――々の一人が、その生命を犠牲にして僅に世間から購い得た一の報酬だったのである。私は全身に異様な戦慄を感じて、三度この憂な油画を覗いて見た。そこにはうす暗いとの間に、濡れた土の色をしたが、が、花果が、自然それ自身を見るような凄まじい勢いで生きている。………

傑作です。」

私は記者の顔をまともに見つめながら、然としてこう繰返した。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%B2%BC%E5%9C%B0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

沼地

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 沼地についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改