沼地単語

ヌマチ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

沼地とは、

  1. 泥の積もった湿地帯。
  2. 芥川龍之介小説。ここで記載する。

である。

概要

芥川大正8年(1919年)、文芸誌『新潮』掲載した短編小説

初めは『蜜柑』とともに『私の出遇った事』というタイトルでまとめられていたが、単行本に収録されるさい別個の独立した作品となった。

沼地を舞台にした話ではなく、「私」がとある展覧会で見つけた『沼地』というタイトルの絵画にまつわる話である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

沼地

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 沼地についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!


急上昇ワード改