単語

セツ

とは、設備、設営という意味の字である。

漢字として

Unicode
U+8A2D
JIS X 0213
1-32-63
部首
言部
画数
11画
意味
作成する、設立する、備える、並べる、陳ねる、用意する、大きい、もし、たとい、という意味がある。〔説文解字・巻三〕には「施陳するなり」とある。
字形
の会意。解釈について〔説文〕には「、人を使ふなり」とあり、ほかに役の省略とする説(〔説文解字注箋〕)、言は誓約での短尾を持つ字なので、誓約に羽飾りを添えて議場を設営するとする説(白川静)がある。
音訓
読みはセツ(音)、セチ(音)、訓読みは、もうける、おく、つらねる。名のりに、のぶ、などがある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校5年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
設を符とする漢字には、蔎などがある。
設営・設科・設官・設疑・設教・設計・設施・設色・設置・設・設定・設備・設問・設立

異体字

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E8%A8%AD
この記事は自動でリンクされないように設定されています!

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 設についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!