エレベーターガール単語

エレベーターガール

1.3千文字の記事
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エレベーターガールとは、エレベーターの操作などをその業務とする従業員である。

概要

エレベーターボタンを乗客に代わって操作する」ことがな役割だが、乗客の乗降時にドアが乗客に当たらないようにドアを手で押さえたり、乗客に各階の案内をしたり、現在その建築物内で行われている催し物のアナウンスをしたりといったことも業務内に入る。

自動化が進んでいなかった古い時代のエレベーターにおいては、スムーズで安全な運用のためには確かに必要性が高い存在であったという。特に「エレベーターがある施設」の代表的な存在であった「百貨店デパートメントストア)」においてエレベーターガールが活躍した。そもそも日本のエレベーターガール(古い言い方だと「昇降機ガール」)の初登場は昭和9年百貨店松坂屋」の上野店であった、と松坂屋は自サイト内に掲載している[1]

こういった百貨店デパートでのエレベーターガールは、帽子を含む制服を着こみ、「上へまいります」「下へまいります」「○階、○○売り場でございます」などなどの独特の言葉遣いを行うなどと特徴が多い一種「特別な存在」であり、憧れので見られることも少なくなかったという。

しかし機械技術の進歩によってエレベーターが洗練されていくと、乗客自身が操作することは難しくなくなり、ドアを押さえていなくても「開」ボタンを押していればドアが閉まることもく、仮に閉まりかけても人に当たればドアは再度開くし、案内やアナウンスも録音放送などに任せることが出来るようになった。そのため「エレベーターの運行に必須の存在」ではなく、「百貨店デパートなどにおいて、乗客をおもてなしする姿勢を示すために配置される人員」という性質が強くなっていった。

そして百貨店デパートという存在が日本で衰退し始めた1990年代以後は、百貨店デパート自体が閉業したり、あるいはエレベーターガールの配置を中止したりすることが多くなった。2020年現在日本ではエレベーターガールが存在している施設はあまり多くない。ただし絶滅しているわけでもない(日本橋高島屋など)。

ガール」と付くところからもわかるように、通常は女性の(あるいは女性のように見える)従業員をしてこう呼ぶ。男性版をす「エレベーターボーイ」という言葉もあるが[2]、「エレベーターガール」とべると知名度に劣る。

エレベーターを操作する従業員」という存在そのものは日本国外にも存在するワールドワイドなものであった。しかしその中で、「エレベーターガール」という女性に限定した呼び名だけが広く普及したのは、日本独特な現とされることが多い。台湾などの近隣国家にも同様の例は見られるが、日本から伝播した文化であるようだ。英語には「elevetor operator」(エレベーターペレーター)という言葉があるが、この呼び名には「ガール」のように女性に限定する含意は含まれていない。

関連動画

関連静画

関連項目

脚注

  1. *松坂屋「ひと・こと・もの」語りexit
  2. *第90回帝国議会 衆議院 労働関係調整法案委員会 第7号 昭和21年7月31日 河合良成 発言番号085 帝国議会会議録検索システムexit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/19(金) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/19(金) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP