今注目のニュース
ノーベル化学賞・吉野彰氏の原点となった本『ロウソクの科学』が重版へ
「#台風なのに出社させた企業」がSNSでトレンド入り。コンビニ各社は「店ごとに判断」としていたが…
「人命より面子が大事なのか」神奈川県断水地域に自衛隊給水支援の水を県が捨てさせた?と話題に

オト単語

オト

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

オト / インペラトル・マルクス・オト・カエサルアウグストゥス32年~69年)とは、ローマ皇帝である。

概要

ネロの友人で、ネロに代わって即位したガルバが支持を落とすと、く間に中央を握した。そして、それ以前に起し位を宣言したウィテリウスと戦っていく。

帝位掌握とその末路

オトは祖が元老院議員、が執政官で、ネロの友人であった。しかし、ネロに対する反乱では、もともとガルバの支持を行っており、新政権でも重用された。ところが、ガルバが支持を失い、ウィテリウスと戦うため、後継者にピソを名したのを見届けると、クーデターを起こしく間にローマ握。位についた。

オトはネロの復権をすることで、旧ネロの支持を受けようとした。また反乱中のウィテリウスに対しては、政権の共有をしていった。

しかしウィテリウスはついに進軍する。オトはドナウ方面軍の救援を待つ間、ウィテリウスを足止めする作戦に出た。その作戦とは北に先遣隊を派遣した後、ガリアに陽動部隊を送り込みウィテリウスの軍勢がポーを渡るのを阻止するものであった。

ところがウィテリウスは軍を二つに分け、それぞれウァレンスとカエキナが率い侵攻してきた。オト軍は圧倒的不利な状況でウィテリウス軍を迎え撃たざるを得ず、あっけなく敗北。オトは自室に戻ると自殺し、わずか3か位となった。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP