今注目のニュース
神戸・東須磨小学校イジメ教師は後輩男女教諭に性行為を強要した
橋本環奈が初音ミクに!ファン悶絶のコスプレダンスに「可愛すぎて無理」
台風被災でタワマン住民に「トイレ控えて」 現場の情報を独自入手

単語

ハチ

掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

蜂(ハチ)とは、膜翅昆虫の一種で羽でを飛び黄色くてお尻の針で刺してくる種類が有名な生き物である。アリ仲間

概要

日本では昔から外で見つけたり、部屋に入った蜂を見るだけでやたら驚かられる。
これは「ハチといったら毒針」という認識ばかりが浸透しているためであろうが、
近くにいて危ないのはせいぜいスズメバチ程度である(社会性のハチでは巣に近づくのも危ないが)。
そもそも刺さないハチも数多くいるし、巣を作らないハチなどさらに多い。
針は産卵管が変化したものなので、針のあるハチでもオスは刺さない。ちなみに例は少ないが女王蜂も刺すはあるようだ。
(大まかに言えばハバチ)と細(その他のハチ)に分かれる。
アリ)はハチ仲間で、多くの種類は毒針を持っているが、日本では少ない。
アリを見てハチだと思っても、間違ってはいまい。

毒針のあるハチは、その攻撃から多くの昆虫の擬態対となっている。
人間もだまされることがあるが、本物には見破られるようだ。

アリ同様、社会的生態をもつ種類のハチ女王がいる事からいわゆる女系社会であり、に活動しているのは皆メスである。先述通りオスもいるが基本的には種の存続の為だけの存在でありメスの数よりは圧倒的に少ない。

ハバチ 

原始的なハチで、くびれがなく毒針を持っていない。
しかし、成食の種が多く、それらはかまれると痛いので、結局素手では捕まえない方がいい。
くびれがないというものの、メジャーなハバチ科では生きているときにそれを確認するのは難しい。
見たで、顔や翅がくびれハチとは違うことが多いので、慣れている人はにそこで区別する。
他のハチにはない配色のものが多く、見るのは楽しいが、が多い。
なお、ホソアシナガバチに似たハチガタハバチという種がいる。ハバチはハチではないというのかッ!
ハチモドキハアブくびれてないヤツなんかハチじゃねーよ」

はガの幼のような生活をし、農業園芸に関わっているとなじみが深いだろう。
姿もイモムシ状でと似ており、よく間違われる。明確な違いとしては、ハバチの方がの脚が多く5対以上。
大きながあるのはまずハバチ。中でも集団でいて、脂ぎっており、を上げるのはチュウレンジバチの仲間だろう。

寄生バチ

さまざまなグループが含まれる。チョウの幼なんかを飼育していると、ときどきこれや寄生バエが出てくる。
モンシロチョウの幼などから大量の黄色の小さいが出てきたり、チョウを保管していたら
ちっちゃいハチが出ていてトラウマになった人もいるのではないだろうか。
ヒメバチ、コマユバチなど、長い産卵管を持つ種がいるグループは刺さないが、ヒメバチに刺されたという話もある。
体長以上の産卵管を持っていることはよくあるが、コマユバチ科のウマノオバチでは10cm以上にもなる。
大きさは様々で、世界最小の昆虫も含まれるが内の大きいものは4cmに達する。
の美しさを持つ種が多い。セイボウ科はく種類ばかりである。

ほとんどの昆虫に寄生バチがおり、また一種の宿を利用する寄が一種とは限らないことから、
種数は膨大である。参考に、日本のヒメバチ科だけで1400種以上いる。
その宿にはアブラムシやそれより小さいコナジラミ、トビケラ、
同じハチや寄生バチまで含まれる。つまり、寄生バチに寄生するハチがいる。
クモヒメバチの仲間クモに寄生するが、なんとこれは幼クモの体表にくっついている。
筆者が言うには、見つけたあなたはラッキークモのいないクモの網に細長いがあったら、
それがクモヒメバチのである。
寄生バチや寄生バエに寄生されたは、基本的に死ぬ(捕食寄生)。
チョウの好きな人には大方嫌われているが、農家にはありがたい種が多い。
ハナバチや狩りバチが貯めた物を利用するハチがいるが、これは労働寄生というものであり
宿を体内から食うわけではない。

狩りバチ

アナバチ、ギングチバチ、ベッコウバチ、ドロバチがメジャー(分類の仕方はいくつかある)。
スズメバチアシナガバチも、これに含められることがある。
毒針で麻酔し、巣に運んで自分の幼の餌とする。獲物は様々で、寄生バチと狩りバチで
ほとんどの昆虫を利用している。ハチを狩る狩りバチもいるし、狩りバチに寄生するハチもいる。
ロバチは人に巣を作ることもあるが、危険性は低い。
まあ、親がいなくなってから巣を壊して中をのぞくとガの幼あたりがくぁwせdrftgyふじこlp
狩りバチを観察していると、ハチハエが追っかけてることがあるが、これが寄生者である。

スズメバチ

アシナガバチについてもここで書く。言わずとしれた社会性のハチである。
種は社会性のハチの巣を襲うことがある。
オオスズメバチの項も参照。
巣に近づいたり、巣を刺すると危険。特には獲物が少なくなり、攻撃性が増す。
一方で、クロスズメバチや大スズメバチは食用にもなっている。
クロスズメバチに巣を作らせているお宅もある。
巣をのぞいた時に見える幼を、かわいいと思うか気持ち悪いと思うか、怖いと思うかは人次第。
また、様々な昆虫を餌とするので農家ではむしろありがたく思われていることがある。
その強さ故に、ガやハナアブにはスズメバチを利用する種がいる。
また、成にはネジレバネという昆虫が寄生していることがある。

アシナガバチスズメバチほどの危険性はないが、さすがによく通る場所に巣を作られたらたまらない。
こちらはの幼を狩ることが多い。

なお、生物学的に見ればスズメバチ仲間である。

ハナバチ

ミツバチクマバチ、マルハナバチを含む、幼の餌として花粉や蜜を集めるハチ
ただし労働寄生をする種もけっこういる。かわいらしい種の多いハナバチの中で、
悪そうな外見をしているキマダラハナバチの仲間も、労働寄生のハチである。
一部の種は盗蜜をする。盗蜜とはの横から口を刺して蜜を吸うことで、
ハチの体に花粉がつかないので、植物にしたら損である。
ミツバチとマルハナバチは社会性である。ハキリバチは、葉っぱを丸く切って巣の材料とする。
コハナバチとヒメハナバチは似たような種類が多いが、マルハナバチやコシブトハナバチには
いろいろな色彩のものがいる。特にルリモンハナバチはの模様で、某番組で
幸せハチと呼ばれた。ただし労働寄生(ry

マルハナバチは、ミツバチハナアブとともにの受粉に使われている。
クマバチも含め羽音が怖いが、ハナバチは基本的におとなしく、捕まえたりしなければ刺さない。
力学的に飛べないはずなのに飛んでいる」昆虫だったが、現在では飛べると明されている。
クロメンガタスズメは、ミツバチの巣から蜂蜜を盗むことがある。
ミツハニーガーメイルの関係はここからであろう。ただし、クロメンガタスズメガーメイルは姿は似ていな(ry

関連動画

関連商品

 

関連項目

掲示板

  • 29ななしのよっしん

    2016/01/22(金) 11:34:58 ID: K18KnhD9dg

    寄生バチだけどヒトヒフバエみたいの人間に寄生した例ってあるのかな?

  • 30ななしのよっしん

    2016/04/24(日) 15:39:14 ID: 6pXutUT6nB

    一番ゲームに出てくる。…の方が少し多いかな?

  • 31ななしのよっしん

    2018/02/11(日) 17:41:56 ID: QQNHP9U5rE

    を刺した鉢に似てる

急上昇ワード

最終更新:2019/10/16(水) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/16(水) 20:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP