クーデター単語

クーデター

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

クーデターとは、暴力的な手段を用いた政変を意味し、もとはフランス語で"coup d'État"である。英語では単にcoup(クー)とも。

概要

coupは打撃、etat国家を示し、直訳は国家への打撃である。

基本的に軍事による、急進的な政権の奪取を意味する。大衆が直接かかわらない、体制そのものは維持されるという点で、革命とは区別される。

革命」が社会的に下の階層に居る者が上の階層に居る者に取って代わる(いわば「下克上」)という性格を持っているとすれば、これに対して「クーデター」はあくまで上の階層内での、「政治的権を持っている者」と「軍事を持っている者」らの間での導権争いと見なすこともできる。

ただしこういった区別はあいまいであり、同じ政変がクーデターとも革命とも呼ばれるケースもある(1974年ポルトガル青年将校らが起こしたクーデター「カーネーション革命」など)。

既に最高導者の立場に居る者がクーデターを起こす例もある。1992年に当時のペルー大統領アルベルト・フジモリが起こした「アウトゴルペ」(スペイン語で「自己クーデター」の意)が好例で、自己の権をさらに強化するための手段であった。

クーデターを起こして政権を奪取することに成功した人物の例としては、ナポレオン・ボナパルトベニート・ムッソリーニボカサ1世、ムアンマル・アル・カッザーフィー(カダフィ大佐)、朴正煕アルベルト・フジモリなど。程度の差はあれ、その後の政治方針について「独裁的」と評される人物が多い。

また、上記で例に挙げた6名のうち「権の座で活躍した後に穏便に引退して幸福のうちに人生を終えた」と言える人物は一人としておらず、良くても流刑(ナポレオン・ボナパルト)や収監(ボカサ1世アルベルト・フジモリ)、悪ければ殺ベニート・ムッソリーニカダフィ大佐朴正煕)の憂きに遭っている。もしここを読んでいる方の中にクーデターを画策している方が居たら、「クーデターが成功しても自分は最終的に不幸になる」という覚悟はしておこう!

政情が安定している現代の日本に住んでいるとピンと来ないが、日本でも戦前までは軍事クーデターが少数ながら起きていた。有名なのは五・一五事件二・二六事件宮城事件の3つ。いずれも失敗していて政権転覆に至ったケースい。また世界全体で見るとクーデターはさほどしい物ではない。「1950年から数えて、世界では463回のクーデターが発生し、そのうち成功したのは233回であった」という情報2018年終盤に記したニュースサイトもある[1]。同サイトによれば、過去100年間(1919年~2018年か?)で「クーデターが起きなかった年」は2007年2018年の2回だけだったとのこと。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *No coups occurred in 2018. Will next year be so stable? - The Conversationexit
この記事を編集する
関連記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/01(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/01(金) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP