今注目のニュース
「笑いすぎて死にそう」「人生最高の面白ネタ」 いびき・寝言録音アプリに録音された謎の音
80年代に発生したあの悲劇!「ファミコンに母ちゃんの掃除機が当たってバグった際の絶望感」が今更話題に!!
ピカチュウやイーブイなどの“キョダイマックス”姿が続々公開! なぜかニャースは超縦長に

プラス単語

プラス

掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

プラス(英語: plus (発音は /plʌs/ ))とは、前置詞として「~と…を足して」「~に…を加えて」(= and )、名詞として「正の数量」「有用な付加」「正符号/加算記号(+)、形容詞として「正(数)の」「有利な」「陽(電荷)の」(= positive )、動詞として「プラスする」(「足す/加える」の俗用。≒ add )などの意味を持つ

概要

元はラテン語の形容詞ムルトゥス( multus,  接頭辞マルチ( multi- )と同)の較級プルース( plūs )で、「~より多くの」「~よりもっと」のような意味で使われていた。

英語をはじめ欧州でもそれぞれの発音規則に則って(あるいはりを変化させて)、専ら数学の「正符号/加算記号(+)」とそこから生した「~と…を加算して」の意味で使われている。またフランス語などのロマンスでは、ラテン語での用法を深化させて、形容詞の較級と最上級を作る副詞(英語more と most に相当)としても使われる。

日本語では英語経由で入った「プラス」の形で俗に広く使用されている。数学分野から「+」の意味で使われる他、動詞化した「プラスする」が数学的な「加算する」の他に「(別の物をいい意味で)足す」などの意味で、形容動詞化した「プラス(だ)」が「(加わることで)有用である」といった意味で使われる。また慣用句的に「プラスアルファ」(+α)のような言葉も頻用される。いずれにしても元の英語の影もあり、良い意味で使われることが多い。

これは「メジャー」「マイナー」の使い方に似ており、「陰」と「陽」で言えばプラスは「陽」の方をす(も、もとの陰陽五行説では陰陽の間に善悪や優劣の対立は存在しないが)。

対義は「マイナス」( minus )。こちらは、プラスに対して悪い意味で使われる事が多い。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 10:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP