今注目のニュース
よゐこ濱口の“男前な口説き方”、加藤浩次が絶賛
「HUNTER×HUNTER」より、クルタ族の「緋の目」をモチーフにしたアイリングペンダントが再販決定!!
ゆるかわな動物たちのハンコケース「パペッタ」 実在の猫ちゃんがモデルの「たなかさんちのねこ」など全6種類

ヨハン・ネポムク・フンメル単語

ヨハンネポムクフンメル

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ヨハン・ネポムク・フンメル(1778~1837)とは、クラシック音楽作曲、兼ピアニストである。

概要

1778年オーストリアのプレスブルク(現スロヴァキアのプラティスラヴァ)で生まれた。3歳のころから音楽的才を認められ導を受け、6歳でピアニストに、8歳で晩年のモーツァルトにその才を認められて子となることになった。
その後はモーツァルトベートーヴェンよろしく父親との二人三脚で各地を演奏旅行で周っていたが、15歳からウィーンに定住、サリエリハイドンらから教育を受けつつ作曲活動に専念していった。

ベートーヴェンとは親を深めるもエステルハージの宮廷楽長時代に彼の作品を酷評したと誤解されたり、彼の思い人と結婚したりといろいろあった末に確執を深めていったようだ。

その後はシュトゥットガルト、さらにワイマールで楽長を務めそのままワイマールで時代が次第に古典からロマンに移る中亡くなった。

彼の作曲の特徴は後期古典に属するためベートーヴェンなどと同様モーツァルトらの時代の様式を受け継ぎつつも、ロマンの芽生えのような様式と混合していることである。ベートーヴェンべて長めのメロディーを基盤とした彼の作曲技法はショパンなどにお手本とされることとなった。

またほぼすべての分野の曲を作ったのにして半数近くがピアノ曲であったように晩年までピアニストとしての活動を続け、彼の子にはアドルフ・フォン・ヘンゼルトフェルディナント・ヒラージギスモント・タールベルクらがおり、ベートーヴェンチェルニーリストの門に席巻される以前の、いわばモーツァルトを形成していた。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/12(火) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/12(火) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP