今注目のニュース
Zoom、パスワード強化と「待機室」追加 “Zoombombing”対策で
佐々木希、手作りマスク公開「無いよりはマシだ」 称賛の声集まる
サイゼリヤが新型コロナ対策で酒類の販売制限 「大声」と「客同士の接近」を防ぐため

二水記単語

ニスイキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

二水記とは、鷲尾康による日記である。

概要

柏原天皇後奈良天皇に仕えた鷲尾康による日記。永正元年(1504年)から亡くなる直前の文2年(1533年)2月まで記述されているが、永正3年から永正13年までは鷲尾康本人が文中に何も記述していないと書いてある通り、そもそも存在しない。なお名前の二とは元号である永正、大永の「永」の字を二つに分けたものである。自筆本が内閣文庫にあり、欠けている部分の一部を写本で補うことができる。写本はかなり多く、イェール大学カリフォルニア大学バークレー校にまで存在する。

この当時書かれた公家日記と同様、後柏原天皇後奈良天皇伏見宮邦高親王・貞親王を中心とした宮廷生活と将軍細川氏ら幕府・地方武士の動向が記述の中心となっている。鷲尾康は楽を業にしていたため、神楽や管弦御遊の記事が詳しく、一方で細川政元の内裏昇殿細川高国細川澄元・三好之長との戦い、文法の乱などの記述がドラマチックに描かれる。一方で日常生活の記述もあり、一人の人間鷲尾康の一面も知ることができる。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2020/04/05(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/05(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP