殿単語

トノ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

殿とは、以下のことを表す。

  • 身分の高い者をさす代名詞
  • 大きな建物(殿の読み方は『デン』)
  • 軍隊等で最後尾を担当する部隊(殿の読み方は『シンガリ』)

人名・通称としての殿

漢字として

殿
Unicode
U+6BBF
JIS X 0213
1-37-34
部首
画数
13画
意味
大きな建物、天子の住まい、天子、という意味がある。また臀と通じてお尻、しんがり、鎮と通じて、しずめる、という意味がある。日本語では、偉い人の敬称女性男性をいうときの敬称、敬意を表す接尾辞に用いる。
説文解字〕の本字は𣪍で、〔説文・巻三〕に「擊つなり」とある。
字形
𡱂の形説、𡱂+の会意説がある。𡱂はお尻という意味。
音訓
音読みはテン(音)、デン(音)、訓読みは、との、しんがり、しずめる。
規格・区分
常用漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
殿を符とする漢字には澱、臀、𪑩、𥴫などがある。
殿帷・殿・殿屋・殿下・殿軍・殿最・殿上・殿前

異体字

𣪍
Unicode
U+23A8D
部首
画数
11画
Unicode
U+58C2
JIS X 0213
24-49
部首
土部
画数
16画
𣪫
Unicode
U+23AAB
部首
画数
13画
  • 𣪍は、〔説文〕や〔康煕字典〕の本字。
  • 壂は、〔漢語大辞典・異体字表〕にある異体字。JIS X 0212補助漢字
  • 𣪫は、〔漢語大辞典・異体字表〕にある異体字。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/30(金) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/30(金) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP