今注目のニュース
無印良品からコオロギの粉末使った「コオロギせんべい」 来春発売
梅宮アンナ、身支度で遅刻を正当化する女性に呆れ 「何もかも笑える」
アダルトゲームに人気洋菓子店をモデルにした建物が登場し物議 該当箇所の背景差し替えへ

天皇賞(秋)単語

テンノウショウアキ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

天皇賞(秋)とは、日本中央競馬会(JRA)催のGI競走で東京競馬場の芝2000mで行なわれる。

概要

競走名の変化
室御賞典1937~1943)⇒第二次世界大戦により休止⇒平和(1947)⇒天皇賞(1948~現在

距離
1937年     2600m
1938~1983年  3200m
1984年現在  2000

中央競馬の最も大きな8競走(八大競走)の1つであり、ジャパンカップ有馬記念を合わせ「三冠」と称される。

出走資格1937年の第1回は3歳(旧4歳)以上で、翌年から1986年までは4歳(旧5歳)以上だったが、
1987年から再び3歳の出走が可になっている。また2008年から騸の出走も可となっている。


1911年より開催されていた当時日本最高賞の競走であった優勝内馬連合競走を元に、1937年に室御賞典という名称で第1回のみ2600mで行われ、1938年から1982年までは天皇賞(春)と同じ3200mで開催、1980年までは1度勝つと再度出場できない勝ち抜け制度を導入していた。

2000mになってからは中距離最強決定戦との位置付けがなされ、天皇賞からの長距離安田記念からのマイル菊花賞の条件を嫌った3歳など中距離戦線以外からのメンバーも集まり層が厚い1戦である。
また11月下旬に同じく東京競馬場で行われるジャパンカップへのステップレースともなった。
しかし近年はジャパンカップ有馬記念の賞増加を受けてか、有の回避もたびたび見られる。

02年は東京競馬場修工事のため中山競馬場2000mで施行された。
2005年2012年には天皇皇后陛下をお迎えした競馬が行われ、
この時勝利した松永幹夫M.デムーロ騎手が見せた敬礼姿は共に競馬史上に残る名シーンである。

その他に特筆すべき点としては、1978年八大競走では一と思われるカンパイが発生している。

1番人気に関するジンクス

1970年代から2000年代に至るまでは、1番人気が勝ちはおろか複勝圏内から外れることが続いたため、「天皇賞では1番人気が勝てない」というジンクスが存在していた。1965年シンザンが優勝してからは、2000mに短縮された1984年までの18年間1着になれなかった。ここでジンクスが途切れるか思われたが、1985年に圧倒的1番人気に支持された皇帝シンボリルドルフがよもやの敗戦を喫した。更に1987年ニッポーテイオーが勝ってからは2000年テイエムオペラオーが勝つまで12年間も勝てなかった。

複勝圏内の入着状況も、不安定な状況が続いている。
1971年から1983年までは複勝圏内(3着)にも入っていないおらず、1972年キームスビィミーと1978年リュウコウの4着が最高着順である。
1984年から1989年からは一転して6年連続で複勝圏内に入着したが、1990年から1995年までは6年連続で5着以下に沈んでいる。
但し、2000年代になると、複勝圏外になったのは2回、2010年代も複勝圏外になったのは2011年の1回だけで、いずれも複勝率が8割をえ、これまでの状況とは一転して1番人気が強いレースへと変わっている。

コース概要

コースの特徴はスタート直後にコーナーがあることで、外が大きな不利を受けることである。
特に外の逃げ・先行が前に位置取りするには、スタート直後から全速で走らせる必要があり、
かつ2コーナー群がゴチャつきやすい傾向がある。
東京競馬場修が行われて2003年からは2000mのコースは以前よりもコーナーが緩やかになったが、依然として外不利な傾向は続いている。

91年は1番人気メジロマックイーン号が6身差の圧勝で1位入線するが、
2コーナーでの斜行によって降着になった。

主な前走・前哨戦

競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔 優先出走権
宝塚記念 GI 阪神競馬場 2200m 18週
札幌記念 GII 札幌競馬場 2000m 10週
オールカマー GII 中山競馬場 2200m 5週 1着
毎日王冠 GII 東京競馬場 1800m 3週 1着
京都大賞典 GII 京都競馬場 2400m 3週 1着

近年の優勝馬

  • 天皇賞の2回の開催のため、1回ずつ飛ばして表記されている。
  • 齢表記は現行表記に統一
回数 開催日 優勝 性齢 勝利騎手 勝ち時計 動画
160 2019年10月27日 アーモンドアイ 4 C.ルメール 1:56.2
158 2018年10月28日 レイデオロ 4 C.ルメール 1:56.8 sm34088140exit_nicovideo
156 2017年10月29日 キタサンブラック 5 武豊 2:08.3 sm32179751exit_nicovideo
第154 2016年10月30日 モーリス 5 R.ムーア 1:59.3 sm29942238exit_nicovideo
第152 2015年11月1日 ラブリーデイ 5 浜中俊 1:58.4 sm27499484exit_nicovideo
150 2014年11月2日 スピルバーグ 5 北村 1:59.7 sm24825173exit_nicovideo
148 2013年10月27日 ジャスタウェイ 4 福永祐一 1:57.5 sm22130486exit_nicovideo
146 2012年10月28日 エイシンフラッシュ 5 M.デムーロ 1:57.3 sm19223823exit_nicovideo
144 2011年10月30日 トーセンジョーダン 5 N.ピンナ R1:56.1 sm16028738exit_nicovideo
142 2010年10月31日 ブエナビスタ 4 C.スミヨン 1:58.2 sm12682122exit_nicovideo
140 2009年11月1日 カンパニー 8 横山典弘 1:57.2 sm8680467exit_nicovideo
138 2008年11月2日 ウオッカ 4 武豊 1:57.2 sm5125765exit_nicovideo
136 2007年10月28日 メイショウサムソン 4 武豊 1:58.4 sm1396476exit_nicovideo
134 2006年10月29日 ダイワメジャー 5 安藤勝己 1:58.8 sm502676exit_nicovideo
132 2005年10月30日 ヘヴンリーロマンス 5 松永幹夫 2:00.1 sm6463406exit_nicovideo
130 2004年10月31日 ゼンノロブロイ 4 O.ペリエ 1:58.9 sm7656890exit_nicovideo
128 2003年11月2日 シンボリクリスエス 4 O.ペリエ 1:58.0 sm2692969exit_nicovideo
126 2002年10月27日 シンボリクリスエス 3 岡部幸雄 1:58.5 sm5383510exit_nicovideo
124 2001年10月28日 アグネスデジタル 4 四位洋文 2:02.0 sm723921exit_nicovideo
122 2000年10月29日 テイエムオペラオー 4 和田竜二 1:59.9
120 1999年10月31日 スペシャルウィーク 4 武豊 1:58.0 sm12589970exit_nicovideo
第118回 1998年11月1日 オフサイドトラップ 7 柴田善臣 1:59.3 sm7187819exit_nicovideo
116 1997年10月26日 エアグルーヴ 4 武豊 1:59.0 sm10634258exit_nicovideo
114 1996年10月27日 バブルガムフェロー 3 蛯名正義 1:58.7 sm5001420exit_nicovideo
112 1995年10月29日 サクラチトセオー 5 小島 1:58.8 sm5899936exit_nicovideo
110 1994年10月30日 ネーハイシーザー 4 1:58.6 sm7656289exit_nicovideo
108 1993年10月31日 ヤマニンゼファー 5 柴田善臣 1:58.9 sm5227336exit_nicovideo
106 1992年11月1日 レッツゴーターキン 5 大崎昭一 1:58.6 sm10242750exit_nicovideo
104 1991年10月27日 メジロマックイーン
プレクラスニー
4 江田照男 2:03.9
102 1990年10月28日 ヤエノムテキ 5 岡部幸雄 1:58.2 sm5556880exit_nicovideo
100 1989年10月29日 スーパークリーク 5 武豊 1:59.1 sm5221474exit_nicovideo
98 1988年10月30日 タマモクロス 4 南井 1:58.8 sm2751551exit_nicovideo
96 1987年11月1日 ニッポーテイオー 4 郷原洋行 1:59.7
94 1986年10月26日 サクラユタカオー 4 小島 1:58.3 sm12852146exit_nicovideo
92 1985年10月27日 ギャロップダイナ 5 根本康広 1:58.7 sm1201258exit_nicovideo
90 1984年10月28日 ミスターシービー 4 吉永正人 1:59.3 sm4510139exit_nicovideo
88 1983年10月30日 キョウエイプロミス 6 柴田政人 3:22.7 sm6783403exit_nicovideo
第86回 1982年10月31日 メジロティターン 4 伊藤正徳 3:17.9 youtubeリンクexit
84 1981年10月25日 ホウヨウボーイ 6 加藤 3:18.9 sm5556825exit_nicovideo
82 1980年11月23日 プリテイキャスト 5 柴田政人 3:28.1 sm19689exit_nicovideo
80 1979年11月25日 スリージャイアンツ 4 郷原洋行 3:33.5 sm12779725exit_nicovideo
第78回 1978年11月26日 テンメイ 4 清水英次 3:21.4 sm22680906exit_nicovideo
第76回 1977年11月27日 ホクトボーイ 4 久保敏文 3:21.4 sm25241937exit_nicovideo

※第104回はメジロマックイーン(武豊上)が1位入線したが斜行により18着降着。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/22(金) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/22(金) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP