未必の故意 単語

22件

ミヒツノコイ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

「かもしれない」とおもったら、それはもう「こい」である。

概要

Aさんがある行為を行い、その結果が起きたとする。その際、Aさんの想定通りの結果が起きた場合は間違いなく「故意」であるが、想定とは違う結果が起きてしまった場合は一般的な考えだと「故意」とは言い難い。そこで出てくるのが「未必の故意」である。

行為者が行為の結果が生じる可性を認識していれば、それを期待して行ったのではない場合でも「そうなっても構わない」という消極的な故意があったと認められ、「故意」に準じた扱いがなされる。たとえば、「気絶させるつもりで頭を殴ったら、当たり所が悪く死んでしまった」と言い訳しても、「頭を殴ったら死ぬかもしれない」と認識できていた(と認定された)ら、刑法上は「殺すつもりだった」ということになるのである。

知らない人からは「密室の」「秘密」とよく間違えられるということが、知っている人の間ではよく知られている。

英語では同様の概念としてreckless(recklessly)がある。詳細を知りたい人はrecklessの記事へ。

背景

罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。

刑法38条第1項

刑法では、犯罪の成立に「故意」を必要とするものが多い。そのため「そうなるとは思わなかった」という言い逃れを許しては、ほとんどの犯罪無罪になってしまう。

そこで「そうなるかもしれない」と考えていた(と判断できる)場合には「未必の故意」とし、故意である(犯罪が成立する)として扱うことでバランスをとっているのである。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/18(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/18(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP