松尾芭蕉単語

マツオバショウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

松尾芭蕉(まつおばしょう)とは、江戸時代に活躍した俳人である。俳句世界で一番有名な人物。

曖昧さ回避

概要

生まれは1644年。没年は1694年。出身は賀。本名は宗房。芭蕉は俳号である。

俳句世界で一番有名であり、現在日本国語の時間で彼の作品を学んだりもする。彼が書いた書物に「野ざらし紀行」「更科紀行」「の細の小文」嵯峨日記」などがある。

子の名前は河合曽良

松尾芭蕉の俳句

古池や

 飛び込む

  の音

夏草

 兵どもが

  の跡

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 13ななしのよっしん

    2019/04/04(木) 04:17:49 ID: W7IVQ6Rdd4

    暑き日をに入れたり最上川
    〈物語〉シリーズでお染み…でもないか

  • 14ななしのよっしん

    2019/08/14(水) 15:27:05 ID: CJkTOelEJ+

    ショウガンを考えた人は松尾芭蕉が雁の事を歌った俳句をご存知?

  • 15ななしのよっしん

    2021/01/10(日) 11:37:19 ID: 3Hl/Zc+aDl

    松島や ああ松島松島
    とかいうクソみてェな句を読んだと勘違いされてるの可哀想

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/20(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/20(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP