今注目のニュース
『リンカーン』大久保佳代子に異変… 松本人志も心配「どうした」
北斗晶、駅の改札口で遭遇した出来事に涙 「大丈夫かなぁ」
『鬼滅の刃』OP曲『紅蓮華』をアコギで弾いてみた! “一面の曼殊沙華”を背景にした演奏へ「カッコイイ」「ギターに映り込んだ赤がまたよき」の声

泉鏡花単語

イズミキョウカ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

泉鏡花いずみ きょうか)とは、日本男性小説家である。

1873年(明治6年)11月4日生、1939年昭和14年9月7日没。享年65

概要

石川県金沢市出身。本名は太郎父親加賀にお仕えの彫職人

幼少期にを亡くす。の死後に任の摩耶夫人像に参拝し、以後生涯にわたって摩耶夫人を信仰する。

学校北陸英和学校に進学するが、金沢専門学校(後の旧制第四高等学校)の受験を志し中退、しかし受験には失敗した

その後、自身が読んだ尾崎紅葉に衝撃を受け、文学を志し、尾崎の門下生となった。

処女作は1893年の『冠弥左衛門』で、同作は新聞にて連載をしていたが、評価は芳しいものではなかった。

翌年にが逝去したため金沢に帰郷、以後は金沢で執筆活動をする。

1900年には『高野』を発表、1907年やまと新聞にて『婦系図』を連載開始、1910年には『歌行燈』を発表した。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2016/11/15(火) 21:06:49 ID: Xqjve4v4R4

    帝都物語」で玉様が演じた泉鏡花は忘れがたい

    あんた近いうちにに会うよ」

  • 8ななしのよっしん

    2017/04/06(木) 22:03:12 ID: iaGS7yvPlE

    泉鏡花賞は結構良作多い

  • 9ななしのよっしん

    2018/03/07(水) 00:39:34 ID: lOGlx9QfWw

    豆腐を「豆府」と書くほど潔癖症らしいね

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP