ウマ娘 シンデレラグレイ単語

ウマムスメシンデレラグレイ

  • 8
  • 0
掲示板をみる(430)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウマ娘 シンデレラグレイとは、漫画:久住太陽、脚本:杉浦理史漫画企画構成:伊藤隼之介原作Cygames)による漫画作品である。集英社刊「週刊ヤングジャンプ」にて2020年28号より連載中。

Cygamesによるメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の一作。「ウマ娘」については当該記事を参照。

概要

ウマ娘オグリキャップ」を主人公とする全新作漫画。雑誌媒体で連載されるウマ娘漫画作品は本作が初となる。脚本にアニメウマ娘 プリティーダービー』でシリーズ構成を務めた杉浦理史漫画企画構成として同じくプロデューサーを務めた伊藤隼之介が名を連ねており、同作と同じく実在競走馬物語モチーフとしたストーリーが展開される。

オグリキャップ東京トレセン学園に転入する前から物語スタートするため、これまであまりスポットが当たらなかった中央以外のトレセン学園が第1R(1話)から大きく登場している。また現存する全15場の地方競馬場に対し、ウマ娘世界でも同じ場所に地方レース場が存在することがめて明示された[1]。地名の表記はカサマツサガのみカタカナになっている。

あらすじ

地方で開催されるエンターテインメントレースローカルシリーズ」が開催される岐阜県羽島のカサマツレース場。設備も人員もウマ娘も中央(トゥインクルシリーズ)とはレベルが違うと言われるそこはレース当日も閑古が鳴いており、トレーナー北原は心の底から応援したくなるようなスターの不在を嘆いていた。

そんなある日、「ローカルシリーズ」で活躍するウマ娘導・育成するカサマツトレセン学園(正式名称:岐阜ウマ娘カサマツトレーニングセンター学園)に入学した常識外れの新入生オグリキャップ。その走りを見た北原彼女こそが待ち望んでいたスターだと確信し、一緒に下を取ろうとスカウトする。

登場人物

登場人物名横のCVは現時点でオグリキャップ赤坂美聡以外は単行本PVにて付けられたもの。

カサマツレース

オグリキャップ(CV:高柳知葉)個別記事
主人公。桁外れの大食い。学園やレースのことをよく知らないなど、クールに見えてどこかずれているが純な性格。
生まれた時は立ち上がれないほど膝が悪く、毎日数時間もマッサージをしてもらって歩けるようになった。レースに出走することや勝つこと以前に走れることに喜びを感じている。柔軟な膝が生み出す前傾姿勢の走りが持ち味。
基本的にジャージ姿であるが人一倍練や鍛錬を行っているせいで常に泥で汚れており、これが理由でノルンエース、ルディレモーノ、ミニーレディの3人からは後にノルンがオグリの実を認めるまで「泥ウサギ」と馬鹿にされていた(当のオグリ本人は全く気にしてはいなかったが)[2]
前述のとおり、幼少時代の経緯から走れる事を喜びとするあまりレースでの勝負事には関心だったが、新バ戦でフジマサマーチに敗れたことやマーチから「お前標は何だ?」と問いかけられた事をきっかけにマーチへのライバル心を抱くようなり、ジュニアクラウンでのマーチとの2度(史実上では5度)の対決で互いの実を認め合う間柄になり、共に東海ダービーへの出場を約束する。
しかし、その後に出場した中盃での圧勝をにしたシンボリルドルフから中央への勧誘を受ける事となるが、オグリ東海ダービー出場という北原マーチとの約束を理由にこれを拒否。それでも移籍させるかべきかする北原から「勝ったら中央、負けたら東海ダービー」という条件の下でゴールドジュニアの出場を告げられる。
中央移籍後は北原叔父である中央のトレーナー・六チームに所属する。
作者の久住氏はオグリ髪型を結構こだわっており、Twitter上で6パターンもの髪型補があったのを打ち明けている。
ベルノライトCV:根元里)
オグリと同じカサマツトレセン学園の新入生。身長148cm、毛色は毛( 眼:)。
「B」のヘアピンを2つに付けている。
クラスで隣の席になったオグリを気に掛けており、オグリに誘われてチームメイトになった。
北原からは「ベル」、オグリからは「ベルノ」の称で呼ばれている。
実家ウマ娘専門のスポーツ用品店で、シューズや蹄に詳しいことからオグリのシューズの調整を自ら買って出ている。
オグリが出場するジュニアクラウンの日に新バ戦に出場したが明確な描写は描かれず、惨敗を喫した模様。
オグリの中央移籍の際、サポートウマ娘として学ぶ為オグリともに中央のトレセン学園に転入した。
ヘアピンデザインや同じ毛色という点からツインビー[3]モデルと推測され[4]装蹄師の三輪勝氏の要素も取り入れられていると噂されている。
フジマサマーチ
クラスメイトの一人。身長170cm、毛色は毛(:薄浅葱 眼:)。
特待生として多くのトレーナーから注される有選手。性格は走ることに対して非常にストイックで、東海ダービー標としており、北原東海ダービーではないと言われたオグリデビュー戦から突し、ライバルとして強く意識することになる。
そしてジュニアクラウンでのオグリとの再戦で接戦の末に惜敗、オグリから一緒に東海ダービーへの出場を約束するも、間もなくオグリの中央移籍の勧誘が発生。移籍するか否かの条件にオグリとの約束秤に掛けられた事に対してオグリを殴り飛ばすほどにしく高した。
尚、本編では終始シリアスな姿を見せている一方で、久住氏のTwitterでの裏話では新バ戦でのウイニングライブライブ衣装を着るも顔をらめて羞恥に耐える姿を見せたり、ルームメイトのウォークダンサーに話しかけるタイミングを探るあまり不本意ながら長時間睨み続けてしまうといったっ気が散見される。
モデルオグリ笠松競馬場時代のライバルだったマーチウショウ。この、トウショウ牧場の生産でもなければ血統表の中にトウショウの冠号を持つもいないのに「トウショウ」の5文字名に含んだばかりに、実名での登場がならなかった。
ノルンエース
クラスメイトの一人。身長167cm、毛色は鹿毛(:薄 眼:)。制服ジャージを緩く着崩している。
ベルノく地元では有名だが、何故有名なのかは不明。一人称は「あーし」を意識的に使っている。
本来オグリルームメイトだったが、荷物が片付いていないのを理由に彼女を物置部屋で寝かせた。悪立ちしたオグリが気に入らずにいじめていたが、レースで対戦して実差を思い知り、同時にウイニングライブで抜けた所を見せられて気を抜かれ、部屋に戻るように促して謝罪した(上述の通りオグリ彼女悪意に気づいておらず、物置も快適な個室だと思っていたため残念がっていた)。
チームメイトのルディレモーノ、ミニーレディとは幼馴染で、その頃からよくつるんでいる。親がダンス教室を開いており、オグリに謝罪する際にダンス教室回数券を渡している。ジュニアクラウンオグリのウィニングライブではルディ、ミニーと共に観客の最前列でオグリダンスアドバイスをしている。
また、オグリとの和解後は寝起きオグリを整えてやったり、ゴールドジュニアでの物販ではオグリぬいぐるみを購入する等、オグリに対しての好意が見え隠れしており、それを見たルディとミニーから「デレが顕著」とつっこまれている。
なおノルンエース・ルディレモーノ・ミニーレディの3名については元ネタの存在しないオリジナルウマ娘である。
ルディレモーノ(CV西川舞)
クラスメイトの一人。身長165cm、毛色は毛( 眼:)。
ギザっニンジンワッペンをつけたスカジャンを着ている。すぐにを絞って怒るいかにもな不良だが、レース後に様子がおかしいノルンの手を握っていたり、ミニー卑劣さには引く面もある。
ミニーレディ
クラスメイトの一人。身長147cm、毛色は鹿毛( 眼:)。
小柄で覆面をつけている。ルディレモーノのルームメイト
3人組の中では学業優秀で分析もあるが、嫌がらせにばかり頭を使っている。
ジュニアクラウンオグリのウィニングライブではノルンと共にカンペを使ってオグリアドバイスをしている。
ウォークダンサー
フジマサマーチルームメイトストレートロングヘアで顔の右半分が前で隠れており、左に十字とリボン飾りを付けている。
オグリマーチと同じ新バ戦でデビュー。新バ戦ではレース中盤のカーブ遠心力で押し出されてオグリと接触している。
久住氏のTwitterでの裏話で話しかけるタイミングを探るマーチに後ろから睨まれ続け、涙目になる姿が描かれている。
モデルリードウォーク。
オーカンメーカー
オグリマーチと同じ新バ戦でデビューしたウマ娘ジェットメーカーとはルームメイト
セミロングで右側のの一部がく、右に小さな王冠を被せている。
ジュニアクラウンでは33番で出場、サウスヒロイン以来の「理ぃー!!」を口にした。
モデルはフェートオーカン
サウスヒロイン
同上。ショートヘアハチマキ、右に小さいの飾りを2つ付けている。
新バ戦では中先頭でレースを引っったが、ペース配分を誤った為に最後の直線に入った所でバテてしまい、直後にフジマサマーチに抜かれ、アニメ版でお染みの「理ぃー!!」を口にした。オグリの2戦にも出場し、新バ戦同様に終盤にかけて先頭を引っったがスパートをかけたオグリに抜かれてしまった(久住氏のTwitterの裏話ではこの2戦の後のサウスの様子が描かれていて、また負けたことに悔しさのあまり自身のジャージを引っりながら大泣きしている)。
モデルノースヒーロー
カイトーハー
同上。ロングヘアで前オールバックにしてデコ出しにヘッドフォンをしている。
モデルニッポンイハー
ベーテシュガー
同上。ボブカットで右に小さいリボンを付けている。
モデルベンテンシャトー。
ジョイメーカー
同上。ショートカットで切りえた横の右側の一部がくなっている。
モデルはフェートジョイ
ウルトライチバン
同上。黒髪ツインテールハチマキ、左リボンの付いた円形メダルの飾りを付けている。
モデルスーパーイチバン。
ロイヤルチェリー
同上。ぼさぼさのショートカットそばかす、左サクランボ飾りを付けている。
モデルチェリーロードか。
ジェットメーカー
クラスメイトの一人。オーカンメーカーとはルームメイト
ロングストレートん中分けにしており、殿をしている。
第1話では名前のみだったが、第8話のジュニアクラウンにて登場(番は77番)。
モデルはフェートジェット
テンザンターフ
第8話のジュニアクラウンに11番で出場。黒髪で切りえた前を残してこめかみから下のを後頭部に結いめ、四ヘッドホンをかけており、右には丸いピアスを付けている。また、瞳はハイライトが描かれていない。
モデルはヤマニテンザン。
ヴァーエヴァ
同上、22番で出場。ざんばらショートヘアで頭頂部の一部がく、おっとりとしたデフォルメされたをしている。
モデルはミサトネバーおそらくネーミング由来は葛城ミサト
フジタカプラン
同上、44番で出場。ロングヘアで前オールバックになっている。三白眼で左絆創膏を貼っており、左に鎖のピアスを付けている。
モデルウィンプロント。
ドラゴンメーカー
同上、66番で出場。ショートヘアで左が前で隠れており、左右の横の一部がのようにっている。まつ毛が長く、ギザッ、右には数珠状に繋がった4つの丸ピアスを付けている。
モデルはトミシノシェンロン
ナントイチバン
同上、88番で出場。ウェーブかかったロングヘアで両が前で隠れており、右にはリボン付きのメダルを付けている。
モデルはホクセイイチバン。
北原キタハラ ジョウ)(CV中村
オグリとベルノのトレーナー身長185cmの壮年くらいに見える男性キャップ(頂点)と言う名前を気に入り、オグリキャップを「キャップ」と呼び(中盃以降は「オグリ」と呼ぶようになる)、ベルノに対しては「ベル」と呼んでいる。
中央でトレーナーを務める六(むさか)を叔父に持つ。かつては以前の仕事をクビになり、パチンコに明け暮れ、自室に籠ってテレビ競馬映像を眺め続ける荒んだ日々を送っていたが、六に連れられて「東海ダービー」を生で見たことで「東海ダービー」への憧れを抱くようになり、六の口利きでカサマツトレセンのトレーナーとなるという過去を持つ。
一部読者の間では「アンカツ」こと安藤勝己騎手モデルとする説と[5]東海ダービー」に対する想いから鷲見調教師である説がある。その一方、「」の文字を別の読み方をすると…。
柴崎CV柴崎哲志)
マーチトレーナーオールバック男性
マーチに度々助言をするも、自身に対して不遜な態度をとるマーチの言動に頭を悩ませている。
一部読者の間では同じく笠松競馬場出身の柴山雄一騎手モデルと噂されている。
川村日和(カワムラ ヒヨリ
ノルン、ルディ、ミニートレーナーそばかす顔の女性
男性の不作法や不な教え子達のおかげでしかめっ面をしていることが多い。
最初はマーチチームに加えようと勧誘したがマーチ柴崎の方に加わった為、半ば消去法でノルン達3人をチームに加えたが、当の3人が練習サボるといった素行不良に頭を悩ませている。
サウスヒロイントレーナー刈りの男性オグリの新バ戦の時、北原に出走表を持ってきたのもこの人。

中央

タマモクロス個別記事
キービジュアルで登場が示唆され、本編では第7Rから登場する。レースに負けたいせに名古屋きしめんを食べに向かったはずが電車を乗り間違えた事でカサマツにたどり着き、その足でオグリマーチが出場するジュニアクラウンを観戦。この時のオグリの逆転劇を見て彼女を一置くようになり、オグリへの対抗心を抱くようなる。その後、オグリへの対抗心をバネに連勝の山を重ね始める。
スーパークリーク個別記事
キービジュアルに登場。本編には第17Rより登場。地方から転入してきたオグリキャップ興味ありげに見つめる。
イナリワン個別記事
キービジュアルに登場。
シンボリルドルフ個別記事
ルナスワロー、ゴールドシチーメリービューティーらが出場した中央の日本ダービーを、マルゼンスキーミスターシービーと共に観戦席から観戦し、ゴールドシチーの走りを分析していた。
その後、中盃をマルゼンスキーと共に観戦し、オグリの圧勝を撃。北原を呼び出してオグリを中央へのスカウトを申し出た。
オグリの中央移籍後は彼女ダービー参戦問題に会長として振り回される事になる。
マルゼンスキー個別記事
シンボリルドルフと共に日本ダービーを観戦していたウマ娘オグリが出場した中盃にもシンボリルドルフと共に観戦する。
彼女過去に望んだダービー参戦はう事はかったが、その長らく秘めていた想いは近くにいるウマ娘を前へ動かす最後の1ピースとなった。
ミスターシービー個別記事
同上。アニメ版に1カットだけ登場して以来の再登場となった。
ゴールドシチー個別記事
オグリ達の入学と同時期に中央で開催された日本ダービーに出場したウマ娘。直線でルナスワローをかわして先頭に立ったが、メリービューティーの脚に6バ身差の圧勝を許す。
銀次郎(ムサカ ギンジロウ
中央でトレーナーを務めている北原叔父北原からは「六(ろっぺい)さん」と呼ばれている。
北原トレーナーになる前、北原を心配する両親からの頼みで自身の口利きで北原トレーナーに勧誘、中レース場の東海ダービーを生で見せた事で北原東海ダービーへの憧れを作るきっかけとなった。
オグリジュニアクラウンの時は長期休暇を利用して帰省ついでに観戦に訪れており、オグリの実を知るとレース場を去る前に北原に遠回しの忠告をするも、北原がその忠告を視した為にオグリ北原の「東海ダービー」出場のが潰える事態を招いてしまう。
その後オグリが中央移籍後は北原の願いで彼女を自らのチームに引き入れ導する事になる。ヤエノムテキトレーナーとは飲み友達
元ネタは中央で実際にオグリキャップなど多数の競争に関わった故・瀬戸口勉調教師と言われる。
ディクタストライカ
17Rより登場するウマ娘。初登場時には4戦3勝の成績を上げていて名前の表記の上に『毛の弾丸』という二つ名がつけられている。日本ダービー出走時は足にケガを持ちつつも出走。元ネタ1988年マイルチャンピオンシップ勝利したサッカーボーイディクタス)とされている。ちなみにサッカーボーイの甥にはアニメウマ娘1期にモブウマ娘として登場したステイゴールドアニメではキンイロリョテイの名で登場)がいる。
サクラチヨノオー
17Rより登場するウマ娘。初登場時には4戦3勝の成績を上げていて名前の表記の上に『ど根性ヒロイン』という二つ名がつけられている。地方から転入してきたオグリの存在に心の中で気合いを入れ直していた。皐月賞で敗れはするものの晴れ舞台日本ダービーでは己の限界えた魂の走を見せる。
メジロアルダン
17Rより登場するウマ娘。初登場時はまだ未出走で名前の表記の上に『名門メジロ嬢』という二つ名がつけられている。ペガサスステークス時はスーパークリークヤエノムテキと共にテレビオグリ達のレースお茶会を開きながら観戦していた。なおメジロ関係者としてアニメ等にはメジロマックイーンメジロライアンメジロドーベルメジロパーマーが既に存在しているが現在シンデレラグレイ彼女たちはまだ登場していない。
ブラッキーエール
17Rより登場する黒髪ウマ娘。初登場時には既に8戦4勝・しかも3連勝を果たしていて名前の表記の上に『い闘士』という二つ名がつけられている。地方から鳴り物入りで来たオグリを気に入らずカサマツでの12戦10勝という成績を「田舎の砂遊び」と吐き捨てるように言うが…。荒々しい口調と攻撃的なつきだが子供に優しくパドックでのファンへの想も良い。元ネタオグリキャップヤエノムテキなどと戦ったラガーブラックか。
ヤエノムテキ
17Rより登場するウマ娘。初登場時は未出走で名前表記の上に『剛毅武道少女』という二つ名がつけられている。オグリの転入時に正々堂々と闘う事を誓い彼女左手で握手を交わす。実際オグリの事は実者である事を見抜いており、初対決毎日杯では対策を練り相手を策に陥れる事に成功する。授業の際にっすぐ上に腕を挙手したり、ペガサスステークスをテレビで視聴する際は両手を太腿の上にえていたりとやたらと折り正しい所作が立つが、これは武人然としたトレーナーの影も大きく見える。
バンブーメモリー
17Rより登場するウマ娘。名前こそ表記されていないが16ページにてオグリのカサマツでの戦績にクラス中がザワつく中に存在が確認されている。

その他

赤坂美聡(CV:明坂聡美
アニメでもおなじみ実況アナウンサーお姉さん。さすがに中央のみらしくカサマツ実況は別の人が担当してる模様。ちなみに1話の彼女の横には解説の細江純子さんらしき人もいる。
オグリキャップ
オグリで元競走ウマ娘デビューが決まったオグリに現役の頃に使っていた飾りを贈り、オグリの新バ戦ではラジオレースを見守っていた。モデルオグリキャップホワイトルビーか(作者誕生日に触れている)。
藤井
マスコミ関係者。眼鏡と大きなカメラが特徴的な男性オグリキャップの才に惚れ込み、その熱意でダービーに出られないオグリを出せるように多くの記事や署名などでウマ娘ファンを煽る。以上の点から、とある実在の人物が想起されるが…?

題材となったレース・小ネタ

第1R

第2R〜第4R

第5R

第6R

第7〜9R

第10R

第11R

第13R~

第16R

第18R

オグリキャップクラシック登録の事を知らず未提出により日本ダービーわなくなった。史実、時代の小栗孝一氏はオグリを当初中央移籍をするつもりはなく(当然クラシック未登録)移籍した時点で既にクラシック登録期限を過ぎていた為日本ダービー出走はわなくなった。

第25R

関連動画

関連商品

この単行本第1巻発売を記念した冠協賛レース2021年1月19日(発売当日)に笠松競馬場にて開催される予定だったが、同レースを含む開催節開幕日のに、笠松競馬場を巡る一連の競馬法違反事件に関する新たな報道朝日新聞より報じられた事を受け、中止になっている(開催された場合でも、1月13日岐阜県内にて再発された新型コロナウイルス緊急事態宣言を受け、無観客での開催が決まっていた)。

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *本作以前にはハルウララが出走した高知レース場が登場しており、アニメの用集でトゥインクルシリーズ(中央)の他に地方催者が開催するレースが存在することが示されていた。
  2. *史実でも現役時代のオグリ灰色体に所々白色が混じった、お世辞にも綺麗とは言えない毛色だった
  3. *笠松競馬場で出走していた(1度だけ中京競馬場に行った事がある)実在した競走馬1987年10月10日の新戦から1990年10月4日を最後に引退するまで合計45戦出走した。
  4. *「ベルノライト」という名前に関しては同名のゲームツインビー」の要素(パワーアップアイテムの鐘(「ベル」)、自機のパイロット名が「ライト」)を組み合わせたという説、又は単に「ライトノベル」を並び替えただけという説等がある。
  5. *根拠の一つとして、氏が中学2年の時に両親が離婚するまでの名字が「北浦」だったため。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/28(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/28(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP