今注目のニュース
液体は冷蔵、粉末は常温? 高温の夏「調味料」はどうやって保存すべき? 専門家に聞く
iPS細胞の発見には偶然が関わっていた? - 山中教授が語った研究者への道程
好きなメッセージを書けるお香「ないしょのおはなし」登場 火をつけると文字が浮かびあがる

空振単語

クウシン

掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

空振(くうしん)とは、火山噴火などにより発生した空気の圧変化が、大気中を周囲に伝わる現である。

概要

空振が通過する際にガラスが振動したり破損するなどの被害が発生することがある。
一定の強さをえた空振は鼓膜が押されがつーんとする感じや間的なとして体感され、体が強く押されるように感じる場合もある。

気象庁では空振計を用いて噴火等に伴う空気の振動を観測する空振観測を行い、体感空振と呼ばれる身体に感じられるくらい強い空振を3段階に分類している。
空振計は空振を圧単位Paパスカル)として測定する。

「大」は戸障子、ガラスしく振動し、時には破損することもある程度 →数Pa
「中」はにでも感じる程度 →30Pa程度以上
「小」は戸障子がかすかに揺れ、注意深く監視していると感じる程度 →10Paえる程度

また、空振計は身体に感じないような弱い空振を観測することができるので、悪間で噴煙が確認できない場合でも地震計のデータと合わせて噴火の発生を検知することが可になった。

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP