今注目のニュース
声優・小野友樹が優れた運動神経を披露も、足つぼマットの激痛には“瞬殺”
自称大富豪が9.7億円で殺人を依頼 18歳女子が親友を殺害
「キン肉マン」作者・ゆでたまごが“初”ラジオパーソナリティに!嶋田隆司「58歳になった今叶うとは!」

気象庁単語

キショウチョウ

掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

気象庁とは、日本政府を構成する「庁」のひとつ、気情報提供を行う国土交通省の外局である。

宣伝や広報が下手で政治皆無で、毎年の予算確保すら覚束ない、マイナーで権限のない、弱貧乏な官庁である。

どうでもよい様なトレードマーク等を作るのに、なけなしの税を投入する位なら、大きな欠点のない予報/観測システムにする方にを掛けて貰いたいと現業部門の職員は切望しているが、その願いは「予算はいが何か新しい事をしたい」と思っている事務方や上層部に届く例しはない、と噂されている。

概要


759 名前:可愛い様[] 投稿日2011/06/18(土) 21:24:49.17 ID:H2HPE7ZL0

日本庁のなかで、

本気で明日日本のことを考えているのは

気象庁だけ

日本国政府の一つである国土交通省の、外局の一つ。同じく国土交通省の元にある観光庁海上保安庁などと同じ四天王立場である。

気象庁の任務は、的確な気情報提供することによって、自然災害の軽減、民生活の向上、交通安全の確保、産業の発展などを実現することである。

気象庁の業務は「気業務法」(これが基本)、「災害対策基本法」などに定められており、これに基づいて「気」「地」「」に関わる観測や情報天気予報や気情報地震情報火山情報津波情報等)の作成、発表等を行う。
危機管理・防災体制の中においては、災害の防止・軽減、災害生時の応急対策、二次災害発生の防止などに必要な様々な防災気情報を、地方公共団体などの防災関係機関提供することとされている。

また、気象衛星「ひまわり」(運輸多衛星MTSAT)の観測データは、日本だけでなく東アジア太平洋地域の多くのにも提供されている。

株式会社ウェザーニューズとは競合・導の関係にあるが、気象庁が対処できない細やかな民間需要や世界全体の気情報などをウェザーニューズが満たすなどしているため補関係でもある。

気象庁の業務

気象庁国民保護計画

「武攻撃事態等における民の保護のための措置に関する法律」通称「民保護法」に基づいて、武攻撃事態等における緊急事態対処、緊急保護措置が気象庁についても気象庁民保護計画によって定められている。内容は他の庁と概ね同じ。

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

掲示板

  • 25ななしのよっしん

    2016/10/25(火) 11:43:45 ID: uYEsQXZTiJ

    アメダス観測点で湿度と気圧の計測もやって欲しい。
    天気予報などで現在の気温や降状況などは言及されるが湿度や気圧までは言及されない。
    気圧はどういった機器で計測されるのか知らないが、気圧は店売りの時計などでも計測できる。
    梅雨時期のじめじめ具合や場の肌のカサカサ具合に直結する数値なので、出来れば予報などにも導入して欲しい。

    >>24
    素人の自分にはどう読み取っていいのか判らない代物みたい。
    プロの予報士さんが判り易く気図上に書き込んでくれる方法が助かります。

  • 26ななしのよっしん

    2018/01/07(日) 13:10:24 ID: AjyqwUCOjm

    6mの津波と警報出してたら20mの大津波が来たとか、
    観測史上初の大特別警報を出さなかったら巨大土石流が起きたとか、
    活発な火山活動スルーしたら登山マシマシ土曜日間に噴火したとか、
    気象庁過去から考えたら「エラーで緊急速報だしちゃった」なんてなんてことないですよ。首都に気使いすぎ

  • 27ななしのよっしん

    2018/09/27(木) 21:01:53 ID: Sy0KLSzC5D

    でも荒川決壊で周辺が30分足らずで10mくらい没する可性はあるらしい

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP