単語記事: アステカの祭壇

編集  

アステカの祭壇とは、インターネット上で検索してはいけない言葉の一つである。

概要

撮られた場所も年代もバラバラ写真に写り込むい影。いずれも何かの台やのような形をしているが、これらはすべてアステカ文明の祭具が映り込んだものと言われている。

13世紀から15世紀まで栄えたアステカ文明。ここでは日常的に人身御供が行われ、生け贄をげなければ太陽が消滅する、と信じられていた。
その事の際には、生け贄を殺すために縛った台、生き血を入れるためのが使われていた。
その台やが、心霊写真として現代にった。それがこの「アステカの祭壇」なのである。

この「アステカの祭壇」の心霊写真アンビリーバボーなどのテレビ心霊特集で放送したところ、テレビ局に多数の霊者から「何というものを放送するんだ」と苦情が入り、テレビでの心霊写真特集が減った原因であるとも言われる。

聞は一見にしかず、「説明文だけじゃ分かんねーよ」という人は下記サイトを見てみることをオススメする。
しかし「見ると呪われる、不幸なことが起こる」とも言われているので閲覧する際は自己責任でお願いします。

http://hb.jpn.org/hb9/2007/07/post_106.htmlリンク切れ)


が、どうやらこういうことらしい。

以下知恵袋回答より

まず「常識」で考えてみましょう。アステカ文明には太陽信仰があり、それに活を与える生贄として人身供犠が行われていたのは事実です。しかし、生贄にされるのは大変名誉なことで、その対戦争捕虜や奴隷の中から、健康でルックスのいい人間が選ばれ、祭事までは非常に丁重に扱われたということです。
現在々からすれば残酷な行為ですが、彼らにとってそれは重要な祭りだったのです。
また、アステカは中南で栄えた文明です。それがなぜ、彼らとは縁もゆかりもない、遠く離れた日本写真に写るんでしょうか?第一、アステカで行われていたのは太陽を与える祭事であったのに、なんで裏返って呪いになるんでしょうか?

さて実際の「アステカの祭壇」の写真ですが…これは心霊でも何でもありません。 単なる撮影時のミス現像で出ただけです。
祭壇に見える影は、カメラ内のフィルムを押さえつける部品の形です。つまり、その部品の部分だけちゃんと感してないからああ見える。部品の形はどの機種でも似ているので、時や場所が別々でも同じような写真が撮れてしまうのは当たり前。
影の周りがっぽくなるのは、オレンジは波長が長く、そのような不全な状態のフィルムにも入り込みやすいからなんです。
本来そんなコマ現像しないものなのですが、うっかりやってしまったという点では現像時のミスとも言えますね。
それとアンビリーバボーに苦情が来たというのは本当らしいのですが、霊者ではなく、写真に携わるプロの人々が「あんなインチキ放送するな」と言って来た、といった所が相のようです。
実際、フィルムなどないデジカメが世間の流になってからは、ピッタリとこの手の写真は出て来なくなりました。アナログカメラ時代の話題なんですね。

ついでにアステカの祭壇の人為的な写し方も書いておきます。
用意する物…35mm版のレンズ付きカメラ(写るんですタイプ使い捨てカメラ
APS方式ではやった事ないので出来ないかも。
手順
<とりあえず風景でも人物でも良いからフィルムエンドまで撮りきる。
自分でカメラを覆うを破棄する→プラスティックのボディーのみの状態にする。
ボディーは、はめ込み式になっているので、若干だけ本体に隙間を開ける。ここが ポイント全に開けるのではなく、10〜20ミリだけ隙間をあけ、次の間にすぐ閉じる(←大事)。
要はこの行為によって、フィルム上の最後の撮影済みのコマ斜め方向から感させる事ができる(チカラ技での多重露)。
ボディーをきちんと元に戻してから(が入りそうな場合はテープで止める)、フィルム巻き上げダイアルを「巻き上げ限界点」からさらに理やり回し、負荷がなくなるまで回しきる。これで外に出ていたフィルム(最後のコマ)が、全にフィルム本体に入る。
今度は全にカメラ本体のはめ込みを解除し、フィルム本体を外に取り出す。
フィルム写真屋に持ち込み、現像プリントを依頼する。この時大事なのは『必ず全部のコマプリントして下さい。が入っているコマもかまわないからプリントして下さい。』と念を押しておく事。写真屋によっては明らかに撮影ミスとわかるコマプリントしない場合があるため。

ちなみに加筆者が学生時代に実際に試したところ、アステカの祭壇は撮影出来ました。

関連商品

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%AB%E3%81%AE%E7%A5%AD%E5%A3%87
ページ番号: 3104988 リビジョン番号: 2454345
読み:アステカノサイダン
初版作成日: 09/05/10 13:10 ◆ 最終更新日: 17/01/31 00:16
編集内容についての説明/コメント: URLにリンク切れを補足
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アステカの祭壇について語るスレ

91 : 削除しました :削除しました ID: xXtJxLOqcN
削除しました
92 : ななしのよっしん :2017/12/12(火) 00:45:29 ID: UFdl9oEStn
数多くのアフィサイト情弱を釣るために必死にまとめてるわ
93 : 削除しました :削除しました ID: 86EShdgwER
削除しました
94 : ななしのよっしん :2017/12/23(土) 16:15:04 ID: iY8v+Wt67v
これ、デジカメでは100%撮れないんだっけ?
95 : ななしのよっしん :2017/12/27(水) 18:28:38 ID: 53dvl8Pg+J
写真の原理が全く違うので現の再現は出来ない
見たの再現だったらカメラアプリフィルターに写ルンですとかで感を再現したものがある

90年代当時はフィルムカメラ失敗あるあるだったのに
10年後に尾鰭付きの心霊写真扱いされて記事まで立てられて
さらに10年後にはインスタ映えするレトロオシャレな表現として評価されてる

後者の二つはどっちもフィルム写真をよく知らない世代だからこその解釈なんだろうけど、こうも違うとはね
(一応補足しておくと、10年前の時点でもトイカメラブームがあって感とか多重露出した写真が流行ってた時期もあった)
96 : ななしのよっしん :2017/12/27(水) 19:40:18 ID: iY8v+Wt67v
そうなんだ
詳しくありがとう
97 : ななしのよっしん :2018/03/13(火) 07:26:48 ID: p9pNvDWJCk
アステカ人が生贄にしてたのは大多数が戦争捕虜だから写真偽は別にしても普通念とか凄そうなんだよなぁ…
霊感に自身ニキは正直アステカには行かない方が良い
98 : ななしのよっしん :2018/04/04(水) 21:37:13 ID: qiz8r87O16
メキシコだぞ言われても行きたくねえだろ
99 : ななしのよっしん :2018/04/13(金) 14:49:04 ID: EZA6mj2o4I
マフィアが見せしめに祭壇上でバラバラにするとか普通にありそうだもんな
100 : ななしのよっしん :2018/05/04(金) 17:00:21 ID: S/LlKs97J0
立原美幸は現在水戸タロット占いをやっています。
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829