単語記事: オカルト

編集

オカルトとは、で見たり触れて感じることのできない何かである。

概要

本来は「隠されたもの」という意味であるオカルトは昔から、不可思議なもの、または非倫理的なものにつけられるレッテルである。従来は、現代では科学的であるとされている万有引なども、見えないものを論じているとしてオカルトレッテルを貼られていたこともあり、時代によってその意味、対は異なる。

現代では非科学的なもの全般に用いられている。幽霊超能力、魔術、UFOなど科学的な存在が実のされていない超自然現象オカルトに該当する。広義では、マイナスイオン、波動、ゲーム脳などの疑似科学、またはニセ科学科学的な実のされていないものという意味ではオカルトに属するかもしれない。ただこれらはあくまでも科学っぽさをまとったなにかであり、オカルトであるかは議論の分かれるところである。

このようなオカルト擬似科学が存在するとしている一部の自称識者は、よく昔の万有引、地動説を玉にあげる。今は科学的に認められていないだけで、それらは確固として存在しておりいつか明されるだろうとしている訳である。

確かにその可性も決してないわけではないが、もしそうだと信じるならばせっせと商品化したり規制する前に、それらが存在する科学的な考を行ってもらいたいものである。少なくとも、実験考察を行いもせず、倫理的な考なしに、非科学的な論を展開してそれを実行に移すことは意味がないだけでなく、公害のようなとんでもないをもたらさないとも限らない。常識人ならわからないものはわからないものとそっとしておこう

オカルトは上述のように、よくわからない何かを扱うために恐怖の対として扱われることが多い。ゆえにオカルトホラー小説や恐怖映画にも度々実在する何かとして扱われている。その中では、そのよくわからない何かを理解できるかできないか、見えるか見えないか、干渉できるかできないかで登場人物の立ち位置や役割、または生死の行方180度変わる。またそのが作品のメインテーマとなっていることも多い。恐怖映画などではそのよくわからない何かに襲われて、何も理解できずに殺されるパターンと、後に理解して反撃することで九死に一生をえるような2パターンに分けられる。これは正体がわからないことが、オカルトの長所であることを暗にしているつまり正体がわかればそれはオカルトではなく、ただの現となる。

逆説的に正体がわからないことこそが、恐怖でありオカルトなのである。ゆえにオカルト掲示板では、そのよくわからないものの正体を暴こうと日議論が行われている。逆によくわからないものをさらによくわからなくしようと、愉快犯からプロの演出までが見るものの体を震え上がらせるような創作(もしかして本物?)を投稿している。それに嵌ってしまうと最後、頭の中によくわからない何かが湧き出して、それを掲示板に報告せずに入られなくなる。そうなると立なオカルティストだ。さらに上級者は見えるようになるらしい(何が?)。そこまで来ると黄色い救急車の出番だ。

ニコニコ動画においては、そういうよくわからないものを扱う動画につけられるタグとして機している。具体的には恐怖映像や魔術儀式につけられる。ただ前述のように嵌ってしまうと、ゲシュタルト崩壊に導かれてしまうかもしれないので、用法・用量を守って正しくご視聴ください。

精神化領域での「心霊現象」についての考察

この文書では、幻視、幻聴などを総称して「幻覚」と統一して、精化領域での心霊現の一部の考察を行う。。また、精神障害者などに対する偏見を招く事がいよう十分に注意して説明を行う。また、これは精化領域で医学的に明されていることであり、全ての「心霊現」について説明しているわけではないことに注意されたい。参考文献Pub Med」という、もが閲覧可な、ネット上の論文集である。

化領域の病気で、幻覚は統合失調症や解離性障によくみられる。統合失調症とはその病状をよく表現した言葉である。は通常、論理野、視覚野、聴覚野、運動野などの各分野が、人間が現実の事に対応できるように「統合」して働いている。その統合が崩れてしまう(失調してしまう)のが「統合失調症」である。ここでは、統合失調症に関する詳細な医学的説明はしない。

心霊現に関して、健常者が「幻覚を見る(霊などが見える)」という現が最も起こり易い状況は、違法なドラッグである。しかし、それ以外に特殊な心理状態を生み出す状況に置かれている健常者にも「幻覚」は発生する。ここでは「恐怖を感じる状況」「予期不安を感じる状況」「何かを妄信している状況」などとする。

それらのような状況に置かれている健常者の心理状態は、通常とは違い、何らかの奮がに発生している。奮をもたらす内物質は様々だが、ここでは「アドレナリン」が大量に生産されていると仮定する。アドレナリン奮や快楽をもたらす代わりに、不安・焦燥ももたらす。そして「アドレナリン」は「ドーパミン」という内物質の前駆物質である。

アドレナリン」が大量に生産されると「ドーパミン」も同時に大量に生産される。このドーパミン量不均衡」の状態が「幻覚」を直接引き起こす。ドーパミン」は、各野の統合に関して非常に重要な内物質であり「ドーパミン量の不均衡」は、の各機の統合を崩してしまう(失調させてしまう)。それが故に、健常者の置かれている環境や、心理状態により、一時的な統合失調の状態になり「幻覚」を見る事になる。「霊者」と称されている者は、統合失調症の症状の一つである「頑なな妄想(信念など)」を健常な状態で持っていると考えられる。だが「霊者」はあくまでも健常者であることに注意したい。

これらの現を止めるために使用する品で代表的なものは「ハロペリドール筋肉注射」であり、これを投与すれば「幻覚」は数分で感じなくなる。この品はドーパミンアンタゴニストと呼ばれるもので、内のドーパミン量を適切に調節する事により、の統合を回復する。

ホラー映画を見る方、心霊スポットなどに行く方、霊感が強い方になどで、心霊現が苦手で困っている方は、一度科学アプローチを試すために、精科医に相談して見る事をお勧めする。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%AA%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%88
ページ番号: 4288959 リビジョン番号: 1659950
読み:オカルト
初版作成日: 10/02/20 16:27 ◆ 最終更新日: 12/10/20 15:53
編集内容についての説明/コメント: 関連項目に追加。ほか
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


ぐれい

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

オカルトについて語るスレ

128 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 17:10:43 ID: acOmaDhRFj
頭良い悪いの定義がわからんが少なくとも>>124よりも頭良い人はたくさんいると思う
129 : ななしのよっしん :2016/09/24(土) 20:30:17 ID: gHzyCmDiW4
オカルトを信じるか信じないかの話にするっていうのが頭悪そうな考えだが。
まあオカルトは「隠されたもの」って意味だから信じる信じないの対になり得るものは全てオカルトって事になるのかな?かが隠したという疑いがあるからこそそこに有るかいかという話になる訳で。
裏返せば人が信じる信じないの話に持ち込もうとしてるものは全部トリック仕込んでありますよっていう告白なんだね

130 : ななしのよっしん :2016/09/27(火) 01:02:53 ID: PZ/vxnMbie
そんなオカルトありえません
131 : ななしのよっしん :2016/09/29(木) 12:48:04 ID: H8N65cNGMa
この記事、オカルト疑似科学と混同して否定してない?

の存在をする宗教のように疑似科学じゃない(し科学でもない)オカルトもあると思うが。
「今は科学的に認められていないだけで、それらは確固として存在しておりいつか明されるだろうとしている」
とあるが、宗教でそんなをしている宗は寡聞にして知らない。
血液型診断も、血液型という概念は科学的概念だが、別にそれ以上の科学的説明はない
という意味では科学を装ってるわけじゃないとも言える。

疑似科学なら科学者により簡単に否定されるものが多いが、非科学だと開き直ったオカルト
科学矛盾せず理論構築できるし「科学的でない」という一点でしか明確に否定できないと思う。
科学的でない」という批判は一般には有効だが、非科学を開き直った人やその賛同者を説得するには弱い。
出来れば具体的な反が欲しいところだが、疑似科学じゃない場合はそれが難しい。
132 : ななしのよっしん :2016/10/29(土) 17:43:31 ID: gHzyCmDiW4
開き直るっていうかオカルト的な話に科学を持ち込むと必然的に発生する問題だね。
その手の話題に少しでも科学っぽい言い回し・用法が使われてるのを見ると疑似科学ガー言い出す人種ってどこにでもいるから、成科学とバッティングしない言葉を使うよう心掛ける必要があるんじゃないかな。特に物理系のそれは五月蝿いんで回避するのが吉だと思う。
とは言っても科学彙の「おいしい部分」をかなり占めてるんで全く排他的にやるのは難しいけど



133 : ななしのよっしん :2016/10/29(土) 18:24:55 ID: H8N65cNGMa
違う、そうじゃない

開き直ってると言ったのは科学で分からないものを科学で分からないと言い切れる勇者のことだよ。
その発想は疑似科学批判ともむしろ通ずるものがあるし疑似科学批判を敵視しているわけでもない。
134 : ななしのよっしん :2016/10/29(土) 19:41:21 ID: H8N65cNGMa
発端は記事のこのくだり。
「今は科学的に認められていないだけで、それらは確固として存在しておりいつか明されるだろうとしている」

このように科学明にこだわるのは単なる疑似科学だ。
いつか明されるというの背後には、科学的には全く認められないのに科学的に説明がつくと
盲信するおかしみがあるし、その延長に科学明されているかのようにまで言ってしまう疑似科学がある。

一方で、そうではない昔ながらのオカルトもあるということを言っているんだけど。

宗教血液型診断がまさに良い例で、神の存在証明科学的にする人はいないし、
血液型診断は別に科学明を装っているわけじゃない。説明をめられても科学では説明できない
と皆答えるだろう。非科学なものを非科学と認めているのは実に正しい態度だ。
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
135 : ななしのよっしん :2016/11/06(日) 18:32:31 ID: HCF8qZswKu
でも事故物件とかく付きの土地に住むの嫌じゃん
136 : ななしのよっしん :2016/11/24(木) 15:38:51 ID: H9AiC8zYne
気持ちの問題、ってのが意外と大事だからね
人間は気持ちひとつ(思い込みやストレス)でも
勝手に具合が悪くなったり元気になったりする
動物実験では動物ストレスで死ぬことが判明してる
でもそのメカニズム、即ちが体に与える影の仕組みは
現代の人類の医療、科学じゃ未だに解明できていない
だから因果関係を科学的に明することはできない
でも実際に、は人の体に影する

さらには意識に「思い込み」は社会や秩序に未だに現代になっても使われ続けてるからね
例えばだって思い込み(人間が勝手に決めたもの)なんだし、暮れ正月
あらゆる宗教神社閣への詣で、天皇制だってある種のオカルト的思い込みだよ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
137 : ななしのよっしん :2016/11/27(日) 13:03:19 ID: iI2fxtudMk
否定されるために日本の現代科学が前提になり、昔は事実だった例もあるのを忘れてはいけない
例えば「事故物件に住みたくない」と言った場合、現代日本ならが充実してるから考えられないが井戸を飲んでいる昔や外なら「この回りに寄生虫かなんかの問題があって、そのせいで"事故"が起きたのかもしれない」という切実な理由がある
例えば「死んだけど、生き返るかもしれないじゃないか」と言った場合、現代なら死亡判定がしっかりしてるからほぼオカルトだが昔なら「死んだ」という判定自体が医学的根拠に基づいてないんだから当然の話
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015